ここから本文です

試合中に昌子が激怒?「夢生君と言い合いになった」その理由とは

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 17:00配信

「お互いになにを言ったかは覚えていないけど」

[J1・1stステージ16節] 神戸 1-2 鹿島 6月18日/ノエスタ

 それは、21分過ぎのことだった。
 
 神戸の最終ラインからロングボールが飛んでくる。これは精度を欠いて鹿島側のゴールキックになるが、プレーが切れる瞬間、昌子源が前に向かって大声を張り上げる。両手を振り上げ、なにかを要求している。
 
 取材ノートには「昌子、前に指示」と記してあった。改めて映像で見返すと、その表情は相当に怒りに満ちている。
 
「(金崎)夢生君とちょっと言い合いになって。攻撃は攻撃だけで、守備は守備だけで頑張ってくれっていう感じがあったから。夢生君も俺になにか言ってきて、お互いになにを言っていたかは覚えていないけど、ジェスチャーで」(昌子)
 
 要するに、昌子は前からももっとディフェンスをしてほしかったようだ。
 
「前から行くことによって、相手のペースも崩れると思う。僕たちが端から引くと、神戸もパス回しが上手いチームですし、特にあのふたり(レアンドロとペドロ・ジュニオール)のカウンターとかは非常に強烈なものがあったので」
 
 相手が年上だろうと、エースだろうと、関係ない。今季は特に、“言う時には言わないと”というスタンスを強く意識しているという。
 
 当たり前のことだが、金崎が憎くて言っているわけではない。すべては、チームの勝利のため、悲願のリーグタイトル奪還のためだ。リーダーとしての自覚が芽生え、一切の妥協を許さない昌子らしさが滲み出たワンシーンだった。
 
 最終的には、神戸戦は前半にリードを許す苦しい展開も、土居聖真と遠藤康のゴールで逆転勝ちを収める。この結果、福岡と引き分けた川崎を抜き、鹿島が首位に立った。
 
 最終節の福岡戦、勝てば自力でステージ優勝が決まる。しかし、この大一番に昌子はピッチに立てない。神戸戦で通算3枚目の警告を受け、累積警告で出場停止……。
 
「非常に残念。チームメイトにまた迷惑をかけてしまう。年間優勝ではないけど、自分自身、選手として、勝てばステージ優勝が決まる試合に出られないのは、非常に悔しくて、情けない」
 
 昌子だけでなく、カイオも累積警告で福岡戦に出られない。「あとはチームを信じるだけ」と語る昌子は、「紅白戦ではスタメン組に入れないと思うけど、しっかり練習相手になれるように、自分にできることを整理してやっていきたい」と前を向いた。
 

J1リーグ 順位表

非難などしない。必死のプレーを認めているから。

 ちなみに、神戸戦では昌子やカイオのほか、山本脩斗、金崎にも警告が提示されている。この日のレフェリングに納得がいかない様子の昌子は、審判への異議でイエローカードを受けた金崎へのジャッジについて次のように感想を述べている。
 
「夢生君のイエローとかも、ファウルを取られた後に『なんでっ!?』ってなるのは当たり前やん。一生懸命やっているんだから」
 
 異議は余計だったなどと非難することはしない。前からの守備では言い合いになったが、金崎が必死にプレーしているのは認めている。その発言からは、仲間を思いやり、リスペクトする昌子の人柄が滲み出ていた。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/19(日) 17:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革