ここから本文です

【EURO展望】ルーマニア×アルバニア|ともに勝利が16強進出への最低条件。求められるのは低調気味の攻撃陣の奮起だ

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 11:00配信

両国とも鍵を握るのはアタッカー陣の出来。

EURO2016
グループA3節
6月19日(日)/21:00(日本時間:28:00)/リヨン
ルーマニア×アルバニア
主審:パベル・クラロベツ(チェコ)

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

【注目ポイント】
●2列目&CFの連動した動きがルーマニアの攻撃の肝に
●アルバニアは前掛かりになった敵の隙を効果的に突けるか

【試合展望】
 ともにグループステージ突破に望みを繋ぐには勝利が最低条件。ここまで勝点1でグループ3位につけるルーマニアは、勝ったうえで2位スイス(勝点4)がフランスに負けたとしても勝点で並ぶため、できる限り多くのゴールを奪っての勝利が必須となる。それはすでに2位入りの芽が潰え、3位での突破を狙う2連敗中のアルバニアも同様だ。

 いうまでもなく鍵を握るのはアタッカー陣の出来。とはいえ両者とも堅守が光る一方で、ルーマニアはPKでの2ゴールのみ、アルバニアはノーゴールと、攻撃面で不安を残している。

 ルーマニアはボール奪取後の素早い散らしから、サイドに展開するまではスムーズだが、崩しからフィニッシュにかけてのアイデアに欠けるうえ、厚みにも乏しい。求められるのは、SBの積極的な攻撃への関与、さらにはエースのスタンクを中心とした2列目から前の面々の連動した動きだろう。とくに、アンカーのクケリが出場停止となる相手の最終ライン手前のスペースを効果的に突けるかは、大きなポイントになりそうだ。

 タレントの質・量ともに劣るアルバニアは、スイス戦、フランス戦で見せた粘り強いディフェンスをベースに、前掛かりになった相手の隙を突きたい。ボールを奪ってからの迅速なトランジションはもちろん、ここまで決定力不足を露呈している主砲サディクの奮起も当然、重要なファクターとなる。

 いずれにしても、命運を握るのは攻撃の精度。チャンスを確実にモノにできないようでは、ベスト16進出は成しえない。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:6/19(日) 11:05

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。