ここから本文です

【新潟】途中出場の鈴木武蔵がリオ五輪への胸中を告白。「ここまでやってきたからには…」

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 12:01配信

「怪我自体に痛みはなかったし、最初は目標を失いかけた」(鈴木武蔵)

 出番が回ってきたのは、79分だった。
 
 6月5日のナビスコカップ・福岡戦で左太腿の肉離れから復帰し、前節の大宮戦で今季リーグ戦初出場を果たした鈴木武蔵は、2試合連続で途中出場。右サイドハーフに入り懸命にボールを呼び込んだが、限られた出場時間で結果を残せず試合終了を迎えた。
 
 FC東京に主導権を握られ劣勢に立たされていたこともあり、大宮戦に続きシュートは0本。「もっと攻撃したかったし、もっと冷静にパスを回せたところもあったので、そこで自分たちが慌てていた。相手の勢いに負けてしまった部分はあります」と振り返る表情には、当然ながら充実感はなかった。
 
 今季開幕前、左太腿を肉離れし全治約3か月と診断された。チームでのレギュラー争いはもちろん、8月のリオ五輪代表候補でもある鈴木にとって、この時期に負った怪我は痛手だった。
 
「怪我自体に痛みはなかったし、信じがたかった。最初は目標を失いかけましたね。でも、(リハビリを)やっていくうちに、怪我に対する恐怖心とか、自信もついてきた。少しずつ、最後までやり続けなきゃと思いました」
 
 何事にもめげず、懸命にリハビリに取り組んだ結果、5月下旬の練習試合で実戦復帰へ漕ぎ着け、先述したナビスコカップで公式戦初出場。その試合で、CKからヘディングでゴールも決め、復活をアピールした。
 
 その後、リーグ戦での2試合ではインパクトを残せず、目標とするリオ五輪メンバー入りに向け、微妙な立場に変わりはない。7月1日の本大会メンバー発表まで、残り1週間ちょっと。公の場でアピールする機会は、次節のリーグ戦(鳥栖戦/H)しかないが、最後まで「奇跡」を信じて戦う覚悟だ。
 
「可能性はゼロではないし、もう一回怪我をしないことだけを意識して戦っていきたい。OA(オーバーエイジ)があってもなくても厳しい選考なのでそこはやるしかないし、とにかく(メンバーに)選ばれたいという気持ちを強く出したい。最後はそこですかね」
 
 続けて、リオ五輪に馳せる想いについて、こう続けた。
 
「チームの立ち上げ当初から呼んでもらって、1月の最終予選ではアジア王者になって、出場権も獲得した。ここまでやってきたからには、オリンピックに出場したい気持ちは強いです」
 
 思わぬアクシデントにより、目標達成への道程はだいぶ険しいものになった。それでも、手倉森ジャパンの「エース」とも称された男は、自らの信念を貫きながら前進し続ける。
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:6/19(日) 12:15

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。