ここから本文です

「移籍したら?」佐藤寿人が “159点目”に込めた3つの想い。男泣きの背景とは?

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 17:46配信

2点差に広げるとともに、浦和の反撃の意欲を削ぐ一撃を突き刺す。

[J1・1stステージ16節]サンフレッチェ広島4-2浦和レッズ
6月18日/エディオンスタジアム広島
 

【広島 4-2 浦和 PHOTO】五輪OA内定の塩谷が2ゴール! 寿人が14試合ぶりの得点

 広島の森保一監督が2枚目の交代カードを切る。61分、森崎和幸と交代して佐藤寿人がピッチに登場――。エディオンスタジアムを埋めた大観衆からのこの日最大の拍手が、背番号11を迎え入れる。
 
 スコアは1-2。広島が浦和に1点リードを許していた。しかも主将の青山敏弘が負傷により、40分に退いていた。

 状況は極めて厳しい。ただ、このスコアのまま試合が終わる気配はあまり感じられず、なにかが起きそうな期待のほうがスタンドを占めていた。
 
 だから抜群のタイミングで、佐藤が投入されたとも言えた。

 期待が大きければ大きいほど、それをパワーにしてしまう。ベンチスタートの悔しささえも発奮材料にする。彼がやってのけたのは、まさにエースの仕事だった。
 
 布陣は3-4-2-1から3-5-2(アンカー+2シャドー+2トップ)に変更。背番号11が前線の高い位置でボールの収まりどころとなったことで、P・ウタカも、浅野も、柴崎も、攻撃のギアを上げて、思い切り前線へ繰り出す。
 
 仲間からのパスが背番号11に集まり、背番号11からも仲間の特長を引き出すパスが供給される。「正」のスパイラルがチームに推進力を与え、64分、CKから塩谷が驚愕のスーパーボレーを突き刺し、67分、柴崎のポスト直撃弾のこぼれ球を再び塩谷がねじ込む。

 瞬く間に、広島が3-2と逆転に成功した。
 
 とはいえ、広島の守備もまだ安定せず、攻撃的な陣形にしている。ワンプレーで状況ががらりと一変しかねない――。両チームともに疲労度も極限に近づく、ひりつくような展開のなか、途中出場でまだ体力を余している佐藤が、浦和の集中の切れた一瞬を見逃さなかった。
 
 西川がペナルティエリア前にいた柏木にショートパスをつなぐ。プレスを受けた柏木はリベロの遠藤にバックパスを送ったが――その若干弱かったパスに猛烈なスピードで詰めたのだった。
 
 ボールをかっさらった広島のエースは、GK西川を振り切り、左足で無人のゴールネットにシュートを突き刺す。2点差に広げるとともに、浦和の反撃の意欲を完全に削ぐ(もっと大きなダメージを与えたかもしれない)、意味を持つ一撃となった。
 
 そして試合後、ヒーローインタビューに答えるため、佐藤がメインスタンド前のお立ち台に上がる。
 

1/3ページ

最終更新:6/19(日) 20:09

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。