ここから本文です

【EURO 今日は何の日】6月19日「グループステージ敗退を喫した初めての開催国(00年)」

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 19:03配信

開幕戦こそ意地を見せたものの、その後は連敗で屈辱を味わう。

 EURO2000は、同大会において初めての2か国による共同開催となった。
 
 ベルギーとオランダ。前者は1980年大会で決勝進出を果たし(西ドイツに敗れて準優勝)、後者は88年大会で優勝を飾っており、ともに十分な実績を残している。
 
 しかし、オランダがレベルの高いタレントを次々に輩出し、クラブ・代表の両方で存在感を示し続ける一方で、ベルギーは90年代半ばを過ぎるあたりから、衰退の道を歩み始めていた。
 
 2年前のフランス・ワールドカップでは、オランダが4位入賞を果たしたのに対し、ベルギーはグループステージでオランダ、メキシコの後塵を拝して、82年大会から続いていた決勝トーナメント進出の連続記録は途絶えてしまった。
 
 EURO2000以前、この大会でグループステージが導入されるにようなった80年大会以降に、開催国がここで脱落したことは一度もなかった。しかしこの大会、オランダの勝ち抜けは間違いないが、ベルギーは危ないのでは……という声は戦前から少なくなかった。
 
 同組となったのは、スウェーデン、イタリア、トルコ。いずれも強国であり、ベルギーにとっては分の悪い相手ばかりと見られていたのである。
 
 しかし、開催国は意地を見せる。誰もが注目する開幕試合で、強豪スウェーデンを2-1で撃破。バルト・ホールが相手DFから強引にボールを奪い取って先制点を奪い、後半には抜け出したエミール・ムペンザが強烈なシュートをゴールに突き刺した。
 
 勝点3を手にしたベルギーは、イタリアとの2戦目に希望を持って臨む。しかし、大会前には悲観的な見方がなされていたにもかかわらず、イタリアは初戦のトルコ戦でも好パフォーマンスを見せて勝利を挙げており、意外なほどの強力なチームへと変貌を遂げていた。
 
 ベルギーはいきなり攻め込まれ、6分にフランチェスコ・トッティのヘッドにより先制点を奪われる。その後、ポストに当たるシュートを放つなど、追い付くチャンスはあったものの活かせず、66分にステーファノ・フィオーレのミドルを食らって万事休した。
 
 2節を終えた時点で、イタリアが勝点6、ベルギーが勝点3、トルコとスウェーデンが勝点1で、どのチームにも決勝トーナメント進出の可能性があった。
 
 そして迎えた6月19日の最終節。トルコから最低でも勝点1を奪いたいベルギーだったが、守勢に立つ時間が長くなる。何度も守備ラインを突破されて決定的なピンチを迎える開催国。しかし、ここでGKフィリップ・デ・ビルデが好守を連発して耐え凌いだ。
 
 前半を無失点で折り返したかったベルギーだが、45分に目論見は崩れる。ハカン・シュクルの驚異的な跳躍にデ・ビルデが競り負け、ボールはベルギーゴールに転がっていった。
 
 必死に反撃を試みるも同点ゴールは遠く、70分には右からのクロスを再びハカンに詰められたベルギーは、この時点で敗北が確定。そして、EURO史上初のグループステージ敗退を喫した開催国となった。
 
 予想されたこととはいえ、この屈辱はベルギー・サッカー界を打ちのめした。これに危機感を抱いたことで、この国の育成システムが見直され、後に多くのタレントを生み出すこととなる。
 
 もっとも、そこまでの道のりは遠く、早期敗退を喫したベルギーは、2年後の日韓W杯こそベスト16入りを果たすも、そこから14年ブラジルW杯まで、長くメジャー大会への道を閉ざされることとなった。
 
◎6月19 日に行なわれた過去のEUROの試合
◇1976年ユーゴスラビア大会
3決決定戦
オランダ 3(延長)2 ユーゴスラビア
 
◇1984年フランス大会
グループステージ
フランス 3-2 ユーゴスラビア
デンマーク 3-2 ベルギー
 
◇1996年イングランド大会
グループステージ
ロシア 3-3 チェコ
イタリア 0-0 ドイツ
ポルトガル 3-0 クロアチア
デンマーク 3-0 トルコ
 
◇2000年ベルギー・オランダ大会
グループステージ
トルコ 2-0 ベルギー
イタリア 2-1 スウェーデン
 
◇2004年ポルトガル大会
グループステージ
ラトビア 0-0 ドイツ
チェコ 3-2 オランダ
 
◇2008年オーストリア・スイス大会
準々決勝
ドイツ 3-2 ポルトガル
 
◇2012年ポーランド・ウクライナ大会
グループステージ
イングランド 1-0 ウクライナ
スウェーデン 2-0 フランス
 
※日付は全て現地時間
 

【回想】ドイツ史上最強チームの戴冠(72年)

最終更新:6/19(日) 19:11

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。