ここから本文です

ラヴェンナの地味な教会に隠された 美しいモザイク壁画に目を見張る

CREA WEB 6/19(日) 12:01配信

Magnificent View #992サン・ヴィターレ聖堂(イタリア)

 イタリア北部にあるラヴェンナは、西ローマ帝国や東ゴート王国が首都を、さらには東ゴート王国を滅ぼした東ローマ帝国が総督府を置いた、歴史上重要な都市。当時建てられた初期キリスト教の建築群は、世界遺産にもなっている。

 建築群のなかでひときわ異彩を放つのが、サン・ヴィターレ聖堂だ。繊細な彫刻を持つ教会や聖堂のイメージとは大きく異なり、八角形をしたレンガ造りの外観は、いたって地味。

 だが、堂内に入れば、そこには目を見張るほどのモザイク壁画が。なかでも、ユスティニアヌス大帝と皇后テオドラを中心とした人物群を描いたモザイク壁画は、ビザンツ様式美術の最も重要な作品となっている。

 この聖堂が建設されたのは548年。これほど美しい作品を持つ歴史ある聖堂だが、建設の経緯は、いまだ謎に包まれているという。

芹澤和美

最終更新:6/19(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。