ここから本文です

とぼけた顔のテングザルに会える! コタキナバルで気軽にアドベンチャー

CREA WEB 6/19(日) 12:01配信

#097 Kota Kinabaluコタキナバル(マレーシア)
ボルネオ島の玄関口には成田からの直行便も就航

 マレーシアはマレー半島と海を隔てたボルネオ島北部の2つに国土が分かれます。ボルネオ島側(東マレーシア)のサバ州の州都であり、玄関口であるのがコタキナバル。成田と直行便で結ばれ、所要時間は約6時間。お気軽ながら、多様なネイチャー体験ができるのが魅力です。アクセスのハードルが低いので、キッズからOK! 

 たとえば、離島へ渡ってスノーケリングもお手軽。

 トゥンク・アブドゥル・ラーマン国立海洋公園へは、コタキナバルの市街地の北端にある船着き場、ジェッセルトン・ポイントからボートで約15分。サンゴ礁がすくすくと育ち、年末にはジンベエザメも出没するとか。5つの島々からなり、サピ島、マムティック島、マヌカン島は、トイレなどの施設が用意され、ツアーでなくても訪れることができます。

 トゥンク・アブドゥル・ラーマン国立海洋公園には、リゾートホテルもあります。公園内で最大のガヤ島には、全室水上コテージの「ガヤナ・エコ・リゾート」や姉妹ホテルでワンランク上の「ブンガラヤ・アイランド・リゾート」、そしてマレーシアで展開するYTLラグジュアリー・リゾートの一員の「ガヤ・アイランド・リゾート」の3軒が展開。

巨大魚が泳ぐ生簀で餌付け体験を

 そのうちガヤナ・エコ・リゾートには大きなシャコ貝、ジャイアント・クラムの保護研究施設や、巨大魚の生簀があり、スノーケリング以外にも海や魚類に関して興味が湧いてくるはず。姉妹ホテルのブンガラヤ・アイランド・リゾートには、熱帯雨林のトレッキングコースがあり、緑の息吹に触れることもできます。

 ボルネオ島といえば、貴重な動物たちの楽園です。

 その筆頭は、地元の言葉で“森の人”という意味を持つ名前のオランウータンでしょう。かつてシャングリ・ラ ラサリアリゾート&スパでは併設する64エーカーの自然保護区でオランウータンをウォッチングできたのですが、残念ながら、20年続いたそのプロジェクトが2016年3月に終了してしまったとか。あの長い手をぶらりぶらりと揺さぶりながら、木の枝を渡ってきた、お茶目なオランウータンの赤ちゃん、今はいずこに? 

 ちなみに、今、オランウータンに会うには、サバ州ならセピロック・オランウータン・リハビリテーションセンター、サラワク州ならセメンゴ・ワイルドライフ・リハビリテーションセンターへ。森林伐採によって親を失ってしまったオランウータンの子供を森へ返すためのリハビリが行われています。これらの施設では、森の中で、自然に近い形で会うことができます。

1/2ページ

最終更新:6/19(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか