ここから本文です

【試写室】「あるある議事堂」今田議長が一番楽しそう

Smartザテレビジョン 6/20(月) 6:02配信

6月20日(月)の夜7時より放送される、今田耕司が“議長”を務めるバラエティー「あるある議事堂 週刊誌に負けるな! 今田耕司が芸能人の整形・自宅の値段・大手術の真相 全部話させますSP」(テレビ朝日系)。この春、関東ローカルの土曜深夜枠でスタートし、じわじわファンを獲得して、このたび満を持してゴールデン初進出を果たした。

【写真を見る】整形をカミングアウトした“美女”たちがドヤ顔で経緯を告白!?

そこで、本特番を一足先に視聴し、見どころを独断と偏見も交えて詳しく紹介する。

同番組は、議長役の今田と議題ごとに違う副議長役の下、招集されたあるカテゴリーに属する“あるある議員”らが、自分たちに共通する“あるある”を発表し、本当に“あるある”なのか、それとも“なしなし”なのかを討論しながらジャッジするバラエティー。

今回は、「大手術をして病気を克服した芸能人あるある」「無理して家を買った芸能人あるある」「整形をカミングアウトしたら仕事が増えたタレントあるある」の議題で討論を繰り広げる。

「大手術―」には、子宮がん、骨折などさまざまな病気やけがを何度も手術で克服してきた和田アキ子、ステージ4の膀胱がんで余命宣告を受けながらも手術で病に打ち勝ったボクシング世界チャンピオンの竹原慎二、大腸や喉のポリープを手術で克服してきた錦野旦、地球一周マラソン挑戦中にステージ4の前立腺がんが見つかりながら手術で克服し走り切った間寛平、両胸の乳がんを手術で克服した麻木久仁子、精巣捻転という激痛が伴う病を手術で克服した団長安田(安田大サーカス)が“あるある議員”として登場。

副議長はサバンナ・高橋茂雄が務める。一同は、大病をどのようにして見つけたのか、治療方法や医療費、医者とのいい付き合い方など、今が元気だからこそ語れる貴重な体験談を披露する。

「無理して家を―」には、都内郊外に4LDKの一戸建てを購入した歌手の木山裕策、鎌倉に4LDKの一戸建てを購入した歌手の河口恭吾、世田谷に4LDKの一戸建てを購入した神奈月、同じく世田谷に3LDKの一戸建てを購入した加藤歩(ザブングル)、葛飾区に4LDKのマンションを購入した元フライ級チャンピオンの内藤大助、世田谷に2SLDKの一戸建てを中古で購入した内間政成(スリムクラブ)、そして都内郊外に3LDKのマンションを購入したプロレスラーの真壁刀義。副議長は千原ジュニアが務める。

いずれも無理して家を購入した7人が、職業柄組みにくいと言われるローンや、見栄を張ってしまう部分など、実際に本人の自宅映像を交えながら、さまざまなあるあるネタを発表する。

「整形―」には、整形ビジネスで成功しているモデルの一条ありさ、フランス人形を目指しているというヴァニラ、ブログでカミングアウトした人気双子モデルの吉川ちか・吉川ちえ、テレビ番組でポロっとカミングアウトしてしまった紅蘭とちゃんもも◎、そしてテレビ番組で整形手術をした漫画家の浜田ブリトニーが出演。また、副議長のホラン千秋は整形をしているのか、豊胸手術後の胸の硬さは…など、普段なかなか知り得ない整形に関する情報を網羅する。

最近何でも「それ、“あるある”だよね~」と女子会や合コンなどでも使われるほど、新しい日本語として市民権を得ている感じの“あるある”。

大手術ブロックでは、「セカンドオピニオン」や「治療費」にまつわるあるあるが語られたが、特に印象に残ったのは、アースマラソン中にアメリカで前立腺ガンが見つかった間寛平のエピソード。

ガンが判明してからも日本に帰ろうとせず、マラソンを続けたという寛平師匠の姿勢はすごいの一言だ。常々筆者も、パソコンのキーボードをたたきながらあの世に生けるなら本望だと考えているが、生涯現役を地で行く寛平師匠の姿は、大いに刺激を受けた。

ガンでステージ4というとかなりエゲつないものだと思うのだが、外国人の深刻な話をカタコトの日本語でボソボソ喋ってきっちり笑いに変えるあたりは、もちろん今が元気になったからこそできることではあるが、プロフェッショナルというのはこういうものだよなと思わされた。

ただ、正直誰しも他人事ではない話ばかりだったので、体に不安を覚える人も、覚えてない人も、これに近い症状が見られる人は、一度ドックに行くべき。

続いて「無理して家を買った」ブロック。男なら誰でも一度は、いや常に憧れを抱く“家を買うということ”。芸能人という個人事業主ならではのローン審査の悩みなどが語られる。そのローン審査では、ベテラン物まね芸人の神奈月が、審査担当に「井上陽水(ネタ)でいくら稼ぎました?」などと、どう答えたらいいか分からない質問をされたエピソードなど、聞けば聞くほど滑稽なやりとりがそこにはあった。

実はこの業界も同じで、お世話になっているフリーライター氏によると、家の購入はもちろん賃貸ですら審査に通りにくいし、実際に「今までどんな記事書かれました~?」とかチャラめに聞かれたことがあったそう。やはり、芸能人の方同様にマスコミも不安定な職業なんだなと。

でも、ここまで有名な人たちでもそういうローン審査の“あるある”があるのだなあと、驚かされた。

そして最後に「整形」あるあるブロック。一昔前は、というか今も大部分は整形したとしても人には言いたくないものだろうが、テレビで堂々と語れる彼女たちはある意味、気持ちがいい。後ろめたさというより、堂々ときれいになったこの姿を見て!という自信すら見てとれる。

中でも印象的だったのは、整形しまっくっている謎の女性・ヴァニラ。大金をかけてさまざまな箇所を整形しているが、正直…整形前(の写真)でも十分かわいらしい女性だった。なぜそうまでして美を追求するのか、これはたぶん女性にしか分からないことなのかもしれない。

それに、割と議員みんなが同意した「涙袋に虫を飼っている人」のくだりは興味深かった。そういえば後輩のあの子の涙袋は…あ、あれは寝不足のくまか。

しかし、何と言っても豊胸の話題で胸の張りについて力説する今田議長の顔ったら、もう楽しそうだこと。やはり、今田議長はトークを回す技術が素人目に見ても抜群に高いし、いつだって人を不快にさせないポジショニングでいてくれるので、とても見やすい。

某“元気な”レスラーに「馬鹿になれ、とことん馬鹿になれ~」という名言があるが、まさに今田議長こそとことん馬鹿になれる人物。

この業界にもいわく付きの取材相手に取材する際「馬鹿になったフリして聞いちゃいなよ」とアドバイスを送るシーンが多いが、実際にやる人はいない。でも、それをできるのが今田議長であり、だからこそ一線級のMCとして多くの番組を回してきたのだなと。おかげで、この番組もよりゲストの素の姿が見られるものになっているのだなと感じた。

今回の「あるある議事堂」ゴールデン特番は、肩ひじ張らずに見られるので、翌日の学校や会社、もちろん家庭での話題作りのためにも見ておいた方が良いかも。

最後に、記者あるあるを一つ。「ずっと楽しみで行きたかった取材と、大人の事情で絶対行かなきゃいけない取材がかぶりがち」。

と言ったものの、これまでの取材でどれがどれなのか…例えかわいい妹に聞かれても、それは墓場まで持っていくので割愛させてください。

最終更新:6/20(月) 6:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。