ここから本文です

眺望自慢の長崎・稲佐山でハイキングに挑戦!

東京ウォーカー 6/20(月) 7:00配信

“世界新3大夜景”にも選ばれる夜景名所、長崎県長崎市にある稲佐山は、ベイエリアの街並みを望む昼の眺望も見事。標高約333mの山頂までは車やロープウェイでも行けるが、登山道を歩けば感動が増すこと請け合いだ。今回は、1時間程度のお手軽ハイキングの定番・稲佐山ハイキングコースをご紹介!

【写真を見る】山頂には室内休憩所や展望カフェも。絶景を楽しみながらゆっくりと休憩しよう

まずは麓の「淵神社」からスタート。縁結びにご利益があることでも有名で、山頂までを結ぶ長崎ロープウェイ淵神社駅も併設している。登山道を目指して、ここから歩き始めよう。

淵神社から登山道入口まで、車道を歩いていく。「もみじ谷葬斎場」の看板を目印に分岐の坂を登っていこう。登山道入口付近に駐車場はないので注意して。

そのまま歩くと、もみじ谷葬斎場の奥、車道行き止まり地点に登山道入口がある。ここから山道に入り、山頂展望台まで約60分の道のりだ。森林浴としても充分楽しめる。

登山道入口より、比較的緩やかな勾配の道を25分ほど歩くと、稲佐山山頂へと続く車道に出る。登山道の続きは、石碑を目安にして行こう。ここからがハイキングの後半戦だ!

標高約270m地点、大きな岩の裏にあるのが岩隠れ展望台。ベンチもあり、長崎市街の眺望を見ながら休憩できるビュースポットだ。山頂展望台まではあと約15分!焦らず休んで行こう。

ロープウェイの駅を過ぎれば、ゴール地点の山頂展望台だ。長崎市街を間近に望み、晴れた日は雲仙、天草、五島列島まで見渡すことができる。昼だけでなく、夜は“1000万ドルの夜景”も見どころ。また、休憩所やカフェも充実しているのでたっぷり満喫して帰ろう。帰りは片道券もあるロープウェイの利用が便利!

海、山、街並みと、圧巻の眺望を目指してハイキングに挑戦してみては?達成感もひとしおだ。【福岡ウォーカー】

最終更新:6/20(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。