ここから本文です

京都唯一!“日本の滝百選”の滝でひんやり涼散歩

東京ウォーカー 6/20(月) 7:00配信

昨年夏に全線開通した京都縦貫自動車道で、アクセスが便利になった京都・宮津。そこには京都で唯一“日本の滝百選”に選ばれた名瀑、「金引(かなびき)の滝」がある。

【写真を見る】びしょぬれ必至!?滝の裏側に入ってみよう

宮津天橋立ICから近く、アクセスも抜群の金引の滝。男滝(おだき)と女滝(めだき)から成り、水量も豊富で、多くの人が涼を求めて訪れる名瀑だ。幅約20mの滝から流れ落ちる水は、まるでカーテンのよう。滝壺の水深が浅く、滝ギリギリまで近付いてもOK!その際は水しぶきに気をつけよう。

男滝は、向かって右側を流れる。幅が広く、水量も多い男滝は勢いのある景観が楽しめる。

向かって左側を流れるのが女滝。白糸のような、穏やかで美しい2本の滝が流れる。

男滝と女滝の下に広がる滝壺は、底が砂地で水遊びにも最適。男滝の裏側に入ることもできるが、びしょぬれ必至なので着替えの準備をお忘れなく!

滝の周辺にはベンチや休憩所もあるので、子供は遊ばせたいけど自分が水に入るのはちょっと…というママにもおすすめ。最寄りの駐車場から金引の滝までは遊歩道をゆっくりと歩いて5分ほどなので、ひんやり涼散歩を楽しんでみては?【関西ウォーカー】

最終更新:6/20(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。