ここから本文です

子どもの食事がどんどん進む不思議なトレイ

東京ウォーカー 6/20(月) 7:30配信

好き嫌いが多かったり食が細い子どもの食事は本当にたいへんだ。そんな時には食材への工夫だけではなく、食器にも目を向けてみてはどうだろう。

【写真を見る】PETITS ET MAMAN WOOD TRAY 新製品3種 1500円(税抜き)

例えば、株式会社スパイスの動物や植物の形をした「PETITS ET MAMAN WOOD TRAY(プチママンウッドトレイ)」というお皿(トレイ)である。このお皿(トレイ)の特徴は、動物の顔でも、ほっぺの赤みや鼻や口をあえて作らず、ほっぺ部分にご飯、鼻部分にプチトマトのような野菜を配置することで、自由に自分なりの動物の顔を作れるというところ。

動物の顔の輪郭を形どったお皿(トレイ)に、口部分にハンバーグなどの丸い食材を置けば、大きく口を開いている絵になり、ソーセージなどの細長い食材を配置すれば、にっこり微笑んでいる絵が完成だ。どの食材をどこに置くかで、たくさんのバリエーションが生まれるため、トレイが1つでも毎日違う動物の顔を作ることができる。

自分で盛り付けた食事だからこそ、食べたいという意欲も沸いてくる。このお皿(トレイ)で親子のコミュニケーションがさらに深まるかも?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/20(月) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。