ここから本文です

赤い公園「成長を感じた」ワンマンツアーファイナル!

Smartザテレビジョン 6/20(月) 16:01配信

4人組ガールズバンド・赤い公園が、東京・Zepp Diver Cityで「赤い公園マンマンツアー2016~咲き乱れNight?~」のファイナル公演を迎えた。

【写真を見る】ライブのMCにも成長を感じられる赤い公園のメンバー

3rdアルバム『純情ランドセル』の発売から約3カ月。彼女たちが「(発売してから)まだ『たったの3カ月か!』と驚くほど、自分たちにとってなじみの良い音楽たち」と語ったナンバーを引っ提げて、6月10日の札幌・cube gardenを皮切りにワンマンツアーを行っていた。

平日の開催にもかかわらず幅広い年齢層のファンがアリーナを埋め、メンバーの登場を待つ。BGMがやみステージが暗転すると、ファンのテンションは一気に最高潮に。

暖色のライトに照らされたボーカルの佐藤千明は「東京」を歌い出し、続けて夏らしいナンバーの「サイダー」へ。会場がブルーを基調としたライトに包まれ、曲と共に夏を演出。さらに「今更」「14」と続けて披露し、初っ端からファンの心をつかむ。

MCパートに入り佐藤は「ただいま!」と、札幌、旭川を回ったツアーの東京凱旋(がいせん)を報告。続けてギターの津野米咲は「(バンドの出身は)立川なので、今日のお台場はアウェーかと思った」と、温かく迎えたファンに安心した様子だ。

そんな津野の言葉に、ベースの藤本ひかりが「お台場は外国みたいだもんね」といつも通りの天然な発言をすると、津野はすかさず「おまえだけな!(笑)」とツッコみ、会場を盛り上げる。

佐藤が「ここから10曲続けます!」と宣言した通り、「ショートホープ」「TOKYO HARBOR」と続け、「のぞき穴」「絶対的な関係」で熱気も最高潮になり、会場は一体となった。

ドラムの歌川菜穂が突如「大変だー!どこかでけんかが起こっているらしいぞ!」と茶番めいたせりふを叫ぶと、佐藤も「一戦交えますかー!?」と会場を煽り、「喧嘩」を披露。

2度目のMCではメンバーが「10曲続けてはキツくないですか?」とファンを心配しつつ、津野が「このツアーで千明さんがまた一つ賢くなりました」と、今回のツアーを通して“成長した”ことを語り始める。

ツアーの移動中、津野が鳥の写真を見て「おいしそう」と話すと、佐藤は「鳥食べるのなんてかわいそう!」とコメントしたようで、「今まで食べていた“~チキン”というのは全部北京ダックだと思っていた」と天然過ぎるカミングアウト。

しかし鳥は食べられるものと知って“成長した”佐藤に、メンバーからは「良かったね」と褒めたたえられた。

終盤になると「あなたのあのこ、いけないわたし」「Canvas」「KOIKI」など、『純情ランドセル』の人気ナンバーで駆け抜け、全員で「黄色い花」を合唱してツアーを締めくくった。

今回のライブでは演奏の部分はもちろんのこと、MCでのやりとりでも確実な成長を見せた赤い公園。次にファンの前に見せるとき、彼女たちはどんな知識を得て賢くなっているのか。楽しみがまた一つ増えた。

最終更新:6/20(月) 16:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。