ここから本文です

江戸博「真田丸展」閉幕!来場者は11万人超

Smartザテレビジョン 6/20(月) 17:15配信

東京・両国の江戸東京博物館で行われていた2016年NHK大河ドラマ特別展「真田丸」東京展が6月19日をもって閉幕。4月29日の開幕から閉幕までの総来場者数は、11万人を超える盛況だった。

【写真を見る】来場6万人突破セレモニーでは直江兼続役の村上新悟(左)が「直江状」を朗読した

特別展「真田丸」は、真田信繁(ドラマでは堺雅人)が所用した兜や武具や、「大坂の陣」のコーナーでの最新研究に基づく“真田丸”立体模型などを中心に、江戸時代から伝わる絵図や実物史料が注目を集めた。

江戸東京博物館では、毎年大河ドラマの特別展が行われているが、入場者が10万人を超えたのは'10年の「龍馬伝」以来6年ぶりだという。

本展覧会は、今後、7月2日(土)から8月21日(日)までは長野・上田市立美術館、9月17日(土)から11月6日(日)まで大阪歴史博物館で開かれる。

最終更新:6/20(月) 17:15

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。