ここから本文です

若槻千夏「一番搾り」イベントで“キャスティングミス”発言

東京ウォーカー 6/20(月) 18:00配信

「キリン一番搾りガーデン」のオープンを記念したイベント、キリン一番搾り「47都道府県の一番搾り飲み比べ in 一番搾りガーデン」が6月20日に開催され、ゲストにタレントの若槻千夏が出席した。

【写真を見る】「一番搾り」に合わせ、白と黄色を基調とした爽やかなコーディネートで登場した若槻

「一番搾り」ブランドのコンセプトショップとして、2012年から毎年期間限定で展開している「一番搾りガーデン」。今年は各地域の魅力が詰まった「47都道府県の一番搾り」の一部商品を販売する他、ご当地食材を使用したフードメニューも取り揃える。イベントでは若槻が東京、横浜、千葉の「一番搾り」を飲み比べ、“利き一番搾り”にチャレンジした。

まずはウォーミングアップとして、「一番搾り 取手づくり」と「一番搾り 信州づくり」を試飲した若槻。初めに「取手づくり」をひと口飲み、「おいしい!平日最高っすね」と満面の笑みを浮かべた。次に「信州づくり」を試飲した際は「私の言葉の引き出しが少なすぎて(味の違いが)わからないなぁ。キャスティングミスですね」と自虐的に話し、笑いを誘っていた。

「日差しが強くてお酒飲んだら酔っ払ってきちゃった」と、早くも酔いが回っている様子の若槻だったが、次はいよいよ“利き一番搾り”へ。1番から3番まで3種類の「一番搾り」と共に、各地域をイメージしたフードメニューがステージに並んだ。まずは色を見比べながら、1番のビールを試飲し、「味が濃いですね。アルコールが強い気がします」と分析。

2番目はフードメニューのソーセージに着目し、「ソーセージはドイツでしたっけ?」ととぼける場面も。するとすかさず、「東京、横浜、千葉の中から選んでください」と司会者から突っ込みが。ビールは1番目と比べて「こちらの方が軽く、女性が飲みやすそうな味です」と感想を述べた。

3番目は「一番搾り」と牛乳プリンの組み合わせ。プリンをひと口食べ、「おいしい。これは北海道かな?」とまたしても“若槻節”全開!続けてビールを味わい、「プリンと合うのがびっくり。甘いものと合うすっきりとしたビールですね」と、その相性の良さに驚いていた。

司会者からのヒントも参考にしつつ、「1番が横浜、2番が千葉、3番が東京」と見事に全問正解した若槻。“利き一番搾り”を終えた感想を尋ねられると、「いやもう最高でしたね。人生で一番楽しいイベントですね」と満足気に答えていた。

また、イベント終盤では若槻の地元である埼玉の魅力を、色紙に一言で表現。「人間が明るい」と書いた色紙を自信たっぷりに掲げたが、会場には笑いが広がり「酔っ払ってるわけじゃないですよ、昨日寝る前に考えました」とフォローを入れていた。最後は「今年の夏もビールをいっぱい飲みたいと思います」と元気よくコメントし、イベントを締めくくった。【東京ウォーカー】

最終更新:6/20(月) 18:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。