ここから本文です

ギョ!深海魚アイドル「メンダコ」がタオルに

東京ウォーカー 6/20(月) 21:00配信

「メンダコ」という深海魚をご存じだろうか。深海魚界ではアイドル的な扱いで、メンダコを模したハンドタオルまでも発売された。

【写真を見る】実物はこんな感じ。似てる?

「YOU+MORE!  ギョッ!とびっくり メンダコハンドタオルの会」(フェリシモ)のタオルは、メンダコの特徴がこまかく再現されており、ひときわ目を引くインパクト大のハンドタオルだ。洗面所やバッグに吊るせばひらひらと動き、深海をゆらめくメンダコそのものに!

海の生きものや深海魚が大好きなプランナー渾身のアイテムとのことで、かわいいデザインの中にも「耳のようなヒレ」や「つぶらな目」「オレンジの体色」など種類ごとの特徴が生きている。

もうひとつの注目ポイントは、1点につき50円が「海基金」として寄付される点だ。「海が好き」という純粋な気持ちを共有するためだという。海基金はもともと「沖縄サンゴ基金」として沖縄のサンゴ礁保護を支援してきた基金で、海岸の清掃活動、サンゴ礁の保全活動、海洋系学校への教材の寄付などに運用されている。

愛くるしいハンドタオルを通して、海や海の生物のことを考える機会にしてみても。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/20(月) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。