ここから本文です

【6月19日東京ヤクルト対埼玉西武戦、BBC独自採点】栗山1500本安打を達成。秋山と川端の安打に高評価

ベースボールチャンネル 6/20(月) 1:20配信

採点基準

8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

接戦を制した埼玉西武

 西武が打撃戦を制し、連敗を5で止めた。
  試合は初回から西武打線がつながる。1死から2番・栗山が四球で出塁すると、3番・森が右翼線適時二塁打でつないで、2、3塁とチャンスメイク。続く4番・メヒアの左翼前適時打で1点を先制した。

 しかし、ヤクルトも負けていない。
その直後の1回裏、2番・坂口が出塁すると、2死後に4番・山田が左翼スタンドに23号ホームランを突き刺し逆転に成功した。

 2回表、西武は再び反撃する。
 先頭の金子侑と秋山の2連打、栗山の四球で満塁とすると、3番・森が左翼への2点適時二塁打で勝ち越し、さらに、メヒアの犠牲フライでさらに1点を追加した。

 それでも粘るヤクルトは、3回1死三塁から坂口の内野ゴロの間に1点を返して反撃に出ると、5回裏には無死1塁から大引の適時三塁打と山田の犠牲フライで2点を返し同点に追いついたのだ。

 一進一退の攻防だったが、6回表に西武打線がまたつながる。
 多和田の代打・山川が四球を選んで出塁、金子侑の内野安打と秋山の右翼前安打で満塁とすると2番・栗山が犠牲フライを放ち1点を勝ち越した。さらに、森にも適時打が出て1点を追加。これでゲームは決まった。

 この2点のリードを多和田から野上―武隈―バスケスー増田とつないで逃げ切った。

 多和田は嬉しい初勝利を挙げ、5打席目にこの日、2安打目を放った栗山が史上120人目となる1500本安打を達成。未来のエースとチームキャプテンにとって大きな1日となった。

 試合後、1500本安打を達成した栗山は「今季は打点を挙げられていなかったので、(犠牲フライ)打点が挙げれたのは良かった。四球も選べたし、良い日に(1500本目の)ヒットが出たかなと思います。1500本目のヒットは、田邊監督と死ぬほど練習してきた逆方向への打球(左翼前安打)でした。そういう打球が出て良かったです」と喜びをかみしめた。連敗を5で止めた田邊監督は「交流戦最後の試合で5連敗中で、みんな何とかしようという気持ちが出て、打線がつながってくれた」と振り返っていた。

 採点は打ち合いを演じた両チームの打線に高い評価を付け、マン・オブ・ザ・マッチは栗山を選定した。

1/3ページ

最終更新:6/20(月) 1:20

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。