ここから本文です

シャネルのバッグは、アメリカの不動産より投資価値が高い!?

ハーパーズ バザー・オンライン 6/20(月) 13:21配信

現代に生きるファッションに敏感な女性である私たちは、収入のすべてをワードローブにつぎ込んでいては5年先の経済プランなど立てられないことを学んで、キャリー・ブラッドショー流金銭感覚から卒業した。それこそが、ファッション投資にこだわる理由。価値が廃れない(あるいは、使用1回あたりいくらとコスト計算してみて、高い価格を正当化できる)特定のアイテムにこそ、大枚をはたくのだ。

【写真】いつの時代もスペクタクル! シャネルのランウェイヒストリー

そんなアイテムといえば、例えばエルメスのバーキン。投資としては株よりいいとずっと言われてきた。そして、最新のリサーチによると、シャネルのアイコニックな2.55もその仲間入り。このクラシックなシャネルのトートは、1955年に登場(当時は約223ドル以下の値段だった)して以来、その価値が上がってきた数少ないファッション・アイテムのひとつだ。

事実、過去6年間でその価値は70%アップ。2016年末までにさらにその価値は上昇する見込みだ。結論から言えば、シャネルのバッグ(2.55だけでなく何でも)は、アメリカの不動産より確実な投資だということ。

必ずしも“グッド・ニュース”とは言えないかもしれないけれど、だからもう一つ新しいのを買ってもいいのだ、という論拠にはなるはず。

最終更新:6/20(月) 17:05

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。