ここから本文です

【EURO2016全選手採点&寸評】スイス 0-0 フランス

SOCCER DIGEST Web 6/20(月) 8:29配信

高い組織力で相手の攻撃をはね返し続けて、狙い通り勝点奪取

【スイス|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6.5
2度バーに助けられるなど危険なシーンもあったが、最後まで高い組織力をベースにフランスの攻撃を跳ね返した。決定的なチャンスは少なかったが、テンポの良いパス回しで上々なゲームコントロール。引き分けは妥当な結果だろう。

監督 ウラジミール・ペトコビッチ 6
エムボロの初スタメン起用は可もなく不可もなし。終盤は失点しない采配を優先し、狙い通りの引き分けに持ち込んだ。

【スイス|選手採点&寸評】
GK
1 ヤン・ゾマー 6.5
クロスボールの対応で小さなミスはあったが、13分にポグバの至近距離からの強烈なシュートを弾き出したセーブは極上だった。

DF
2 シュテファン・リヒトシュタイナー 6
シャキリとのコンビで何度か右サイドからクロスのチャンスを掴んだが、精度を欠いて決定機を演出することができず。守備では、いつもの安定感を見せた。

22 ファビアン・シェア 6.5
高さと強さを生かした守備で相手の攻撃を跳ね返し、攻撃でも機を見たオーバーラップでアクセントを加えた。

20 ジョアン・ジュルー 6
55分、バックパスが短くなってヒヤリとしたが、“大怪我”にはならず事なきを得た。それ以外の場面では、大きなミスはなし。

13 リカルド・ロドリゲス 6.5
縦への推進力あるドリブルと正確なキックでチャンスメイク。守備でも、1対1の場面では一度も負けなかった。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

決定的チャンスは少なかったものの、上々の試合運びを見せた

MF
10 グラニト・ジャカ 6.5
緩急の変化をつけたパスワークで攻撃のタクトを振るい、守備でも的確なポジショニングでピンチを未然に防いだ。

11 ヴァロン・ベーラミ 6.5
ジャカのサポート役として攻守に幅広い仕事を完遂。相手のカウンターの際は瞬時に自陣深くまで戻るなど、貢献度の高いプレーを見せた。

23 ジェルダン・シャキリ 6(79分OUT)
攻撃を活性化しようと、運動量豊富に様々なポジションに顔を出した。願わくば、チャンスメイクで違いをもたらすプレーがもっと欲しい。

15 ブレリム・ジェマイリ 6
フランスDF間のスペースでタイミング良くボールを受け、繋ぎにリズムをもたらした。シュートを枠に飛ばせなかったのが改善点。

18 アドミル・メーメディ 6.5(86分OUT)
巧みなボールコントロールとスピードを活かした突破で、攻撃に変化を加えた。素早い攻守の切り替えで守備でも貢献。

FW
20 ブレール・エムボロ 6(74分OUT)
立ち上がりはボールが足につかなかったが、徐々に調子を上げた。前線で攻撃の起点を作るなど、まずまずのプレー。

交代出場
FW
9 ハリス・セフェロビッチ ―(74分IN)
ワントップに入るが、効果的なボールを受けることはできず、目立ったプレーはなかった。

MF
16 ジェルソン・フェルナンデス ―(79分IN)
右SHで出場。ベテランらしい落ち着いたプレーを見せた。

DF
6 ミヒャエル・ランク ―(86分IN)
守備固め要員として右SBに入る。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

文:中野 吉之伴

1/3ページ

最終更新:6/20(月) 8:29

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。