ここから本文です

フォトグラファーMaikoのロサンジェルスガイド【LAアート地区のショップ編】

エイ出版社 6/20(月) 17:10配信

今回は、アート地区にある2つのショップを紹介

ロサンジェルスに拠点を置く女流フォトグラファーMaikoが、ロサンジェルスでいま注目されているショップやエリアを紹介。小柄な身もなんのその、ファッションからフードまで、実際にMaikoが歩き回って仕入れた情報を続々更新する。

4回目となる今回は、アート地区にある2つのショップを紹介。

その名の通り、町中が芸術であふれているアート地区。この一帯では、古い倉庫がギャラリー、スタジオ、カフェなどに姿を変え、多くのアーティストが集まってくるようになった。

【1】The Arts District Co-Op

まずはここ、地元の小さなアパレルメーカーや雑貨などが集まるシェアスペース、The Arts District Co-Op。

特にウィメンズのウエアやアクセサリーが豊富で、ハンドメイドやオリジナル商品も並ぶ。

真ん中にあるステージではバンド演奏やライブが行われることもある。サンプルセールも開かれるので、こまめに情報をチェックしたい。

○The Arts District Co-Op
453 Colyton Street
Los Angeles, CA 90013, U.S
11AM-7PM(Tue-Thu)
12PM-8PM(Fri-Sun)
http://www.adcoopla.com/

そしてもう一つはこちら。

【2】Cleveland Art LA

今年4月にオープンしたばかりのCleveland Art。

ヴィンテージのインテリアファニチャーに強いショップだが、オーナーが集めた古着も扱う。

インダストリアルデザインの照明やオブジェ、ヴィンテージの小物や家具などを置いている。ファイヤーマンヘルメットは、インテリアにいかが?

オーナーが好きなカスタムハーレーもディスプレイされる。

○Cleveland Art LA
451 Colyton Street
Los Angeles, CA 90013
8:30AM-4:30PM(Mon-Fri)
10:30AM-4:00PM(Sat)
http://clevelandart.com/

アート地区ではこのほかにもショップやカフェ、レストランなどが続々と誕生し続けている。ロサンジェルスに訪れた際は、ぜひ立ち寄ってほしいスポットだ。

●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

最終更新:6/20(月) 17:10

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。