ここから本文です

49歳カズのJ最年長得点に伊紙も感嘆の声 「クレイジーなゴールとダンスショー」

Football ZONE web 6/20(月) 9:04配信

「カズはジェノアの“流星”」と地元紙も当時のゴールとともに振り返る

 Jリーグでの日本人最年長ゴール記録を更新した“カズ・ゴール”は、かつてプレーしたイタリアでも話題を呼んでいる。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、「49歳カズ・ミウラのクレイジーなゴールとダンスショー」と題して、映像付きで特集している。

英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 横浜FCの元日本代表FW三浦知良は、19日のJ2リーグ第19節FC岐阜戦(1-2)の前半22分に、右からのクロスに頭で合わせてゴールを決めた。自らの持つ最年長記録を更新して49歳3カ月24日でのゴールとなった一撃を、「ガゼッタ」紙はゴール後の“カズ・ダンス”まで余すところなく報じた。

 三浦は20年以上前になる1994-95シーズンに、イタリアの港町ジェノバの古豪、ジェノアで1シーズンプレーした。そのジェノバの地元紙「Il Secolo XIX」は、三浦がサンプドリアとの“ジェノバ・ダービー”で決めた懐かしい映像も紹介した。

「カズ・ミウラはジェノアの“流星”だった。“キング・カズ”の愛称で知られる日本のアイドルは、1年間ジェノアでプレーした。サンプドリアとのダービーでのゴールが記録だ。彼は日本サッカーを長く引っ張ってきた。98年にフランス・ワールドカップのメンバーから外れた時には、数カ月に渡って論争が起こるほどだった」

今もイタリアで高い知名度を誇る“キング”

 当時、日本サッカーのパイオニアとしてイタリアに乗り込んできた三浦は、現地では好奇の目で見られた。デビュー戦となったACミラン戦で、当時の世界最高のDFと言われたフランコ・バレージと接触して顔面骨折をする不運もあり、1シーズンのプレーでもそれほど多くのチャンスがあったわけではなかった。

 それでも、ダービーマッチでのゴールもあり、今でもイタリアでは高い知名度を誇っている。その後の元日本代表MF中田英寿氏や、現在の日本代表FW本田圭佑(ミラン)、同DF長友佑都(インテル)がプレーする礎となったカズが50歳を目前に決めた一撃は、イタリアにも驚きを与えたようだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/20(月) 23:28

Football ZONE web