ここから本文です

ウィリアム王子とキャサリン妃が覆したイギリス王室10の常識

ハーパーズ バザー・オンライン 6/20(月) 21:41配信

ウィリアム王子とキャサリン妃のご成婚から5年。2人がこれまでに成し遂げた、イギリス王室の伝統を覆す10の出来事とは?

【写真】キャサリン妃のベストルック・スナップ集

1. ケンジントン宮殿ではなく、ロンドン郊外のノーフォーク、アンマー・ホールに住んでいる。

2. キャサリン妃は同じ服を何度も着ることで知られている。

3. ベビーシッターに任せるのではなく、自分たちで育児をしている。

4. ダイアナ妃のやり方と同じように、ジョージ王子を保育園に通わせている。

5. ウィリアム王子が次期イギリス国王となれば、キャサリン妃は大学の学位を持った初のイギリス王妃となる。

6. さらに、キャサリン妃は貴族出身ではないので、初の労働者階級のクイーンとなる。

7. TwitterやInstagramなどのSNSで家族写真を定期的にシェア。

8. 米オバマ大統領が面会したのは、チャールズ皇太子とカミラ婦人ではなく、ウィリアム王子&キャサリン妃(そしてヘンリー王子)。

9. お互いへの愛情を公共の場で表現する。

10. 政治的策略ではなく、恋愛結婚で結ばれた。

最終更新:6/20(月) 21:41

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。