ここから本文です

京都散策の新名所。できたて極旨ビールが味わえるクラフトビール工房【京都醸造】

エイ出版社 6/20(月) 17:40配信

今熱い視線を集めているのが、2015年4月に誕生したブルワリー「京都醸造」

京都は伝統や歴史あるものを大切にしつつ、新しいものを次々と生み出す懐深い街。そんな京都で今熱い視線を集めているのが、2015年4月に誕生したブルワリー「京都醸造」だ。

アメリカ人のクリスさん、カナダ人のポールさん、イギリス人のベンさんの3人が設立したこの醸造所で味わえるのは、ベルギー酵母とアメリカンホップを使った風味豊かなクラフトビール。丹精込めて作られた、とっておきの一杯、ぜひご賞味あれ!

定番の一杯&季節の一杯、どちらも絶品

京都醸造では、一年中楽しめる定番シリーズ、季節ごとに入れ替わる気まぐれシリーズ、その時々の限定醸造ビールなど、常時複数のビールを取り揃えている。日本語のネーミングも印象的だ。

「黒潮の如く」(写真左)は定番シリーズのひとつ。いちじくやプラムのドライフルーツのような香りと黒色麦芽由来のロースト感が、深い味わいを生み出している。気まぐれシリーズの「冬の気まぐれ」(写真右)は、グレープフルーツやみかんを思わせるホップの香り豊かな一杯。苦味が控えめなのでゴクゴク飲める。

クールでかっこいい試飲スペースで、いざ乾杯!

できたてビールが味わえるのは、醸造所に併設された立ち飲みの試飲スペース。京都の“K”をモチーフにした壁面のあしらいが印象的で、その日提供しているビールは壁に貼られた札でチェックできる。ビールはどれも1杯(400ml)600円。フードメニューは簡単なおつまみのみだが、持ち込みはOKなのでご安心を。時間が合えば工場見学もさせてもらえるそうなので、興味のある人は問い合わせてみて。

おいしいクラフトビールは、散策で乾いた喉を潤すのにうってつけ。試飲スペースで購入できる、おしゃれなロゴを使ったオリジナルTシャツや栓抜きをお土産にしても喜ばれそうだ。


DATA
京都醸造(きょうとじょうぞう)
住所:京都市南区西九条高畠町25-1
電話:075-574-7820
営業時間:13:00-17:30L.O.
※HPで要確認
定休日:月~金曜
https://kyotobrewing.com/

ヨシダ

最終更新:6/20(月) 17:40

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。