ここから本文です

UEFA、ポルトガルに罰金処分か。ファンが乱入し、C・ロナウドと記念撮影で

フットボールチャンネル 6/20(月) 8:10配信

 現地時間18日にEURO2016が行われ、ポルトガル代表はオーストリア代表と対戦し0-0の引き分けに終わっている。この試合後に一人の男がピッチに乱入したことで、欧州サッカー連盟(UEFA)がポルトガルサッカー協会に対して罰金処分を検討しているようだ。19日に英メディア『フォックス・ニュース』が報じている。

【EURO2016 最新の順位表】

 乱入した男はポルトガルファンと見られており、クリスティアーノ・ロナウドに近づき記念撮影を要求した。同選手は紳士的に対応し、乱入男の記念撮影に応じている。同メディアによると、”ファンがフィールドに侵入した”として、UEFAがポルトガルサッカー協会に対して罰金処分を下す見通しのようだ。

 一方で、乱入を許したフランスの警備体制については言及していない。ポルトガルファンとされる男が乱入したことは問題だが、それを許した警備に問題があるのは明白だ。各地のスタジアムで発煙筒が使用され、機動隊と衝突するなど、ファンによる問題が続出している。

フットボールチャンネル

最終更新:6/20(月) 8:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。