ここから本文です

イングランドが大胆策! 3位転落の可能性残すも大黒柱ルーニーら先発6人を入れ替えへ

Football ZONE web 6/20(月) 15:15配信

英紙が報じる EURO初制覇に向けコンディション維持を最優先か

 イングランド代表のFWウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)が、20日の欧州選手権(EURO)グループリーグ最終戦のスロバキア戦でスタメンから外れる可能性が高まっている。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

【PHOTOギャラリー】EURO2016を彩る欧州の美女サポーターたち

 現在2試合を終えて勝ち点4でB組首位のイングランドだが、ウェールズとスロバキアが勝ち点3で並んでいる。1位通過なら決勝トーナメント1回戦でグループA、C、Dの3位との対戦になるため、強豪国との対決を避けられるが、負ければGS3位に転落する可能性もあり、その場合はベスト16でドイツ、スペインという強豪国と対戦する可能性が出てくる。

 だが、ロイ・ホジソン監督は決勝トーナメントに向けて、選手をフレッシュにすることを優先したとレポートされており、大黒柱ルーニーら6選手を入れ替える方針だという。中盤に固定されたルーニーの代わりとして、リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンが先発起用される予定となった。

 温存となるルーニーは「大会前に候補に挙がっていた選手もクオリティが高かった。チームは23人いる。監督が起用を決断した選手は、ウェールズ戦のように試合を変える力がある」と語り、同僚に対する信頼の高さを見せた。

ウェールズ戦で殊勲弾のFW2人が先発へ

 今大会のイングランド代表は、特に前線のストライカーの顔ぶれは大会屈指と評価を受けているが、それはルーニーも同感のようだ。「すべてのストライカーに得点力があり、それを今季(プレミアリーグで)証明している。彼らはゴールを決めるだろう。我々には得点力の高い選手がいるので、彼らに決定機を作ることがより重要になる」と語った。

 デレ・アリ(トットナム)の代わりには、アーセナルのジャック・ウィルシャーが入り、トットナムのエリック・ダイアーと中盤を構成するという。

 カイル・ウォーカーとダニー・ローズというトットナムの両サイドバックにも休養が与えられ、サウサンプトンDFライアン・バートランド、リバプールDFナサニエル・クラインが先発予定。前線はハリー・ケイン(トットナム)、ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)が外れ、前節ウェールズ戦で途中出場からゴールを決めたジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)とダニエル・スターリッジ(リバプール)が先発すると予想されている。

 采配などに大きな疑問符の付くホジソン監督だが、前節ウェールズ戦では交代で投入した2人がゴールを決め、サポーターからの信頼を取り戻した。初のEURO制覇に向け、ルーニーら主力の温存策は果たして吉と出るのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/20(月) 15:15

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ