ここから本文です

C・ロナウド、PK失敗も…監督からの信頼は変わらず「次も彼に蹴らせる」

フットボールチャンネル 6/20(月) 10:10配信

 ポルトガル代表を率いるフェルナンド・サントス監督が、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドを擁護した。19日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【EURO2016 最新の順位表】

 現地時間18日にポルトガルはオーストリア代表と対戦し0-0の引き分けに終わった。この試合の75分にPKのチャンスが与えられたが、C・ロナウドはシュートをポストに当ててしまいゴールを逃している。しかし、C・ロナウドに対するサントス監督からの信頼は変わらないようだ。

「もし、次の試合でPKのチャンスが巡ってきた場合、C・ロナウドに蹴らせるよ。そして、決めてくれるはずだ。彼ならゴールを決めることができる。彼は勝者であり、例え失敗をしたとしても良い反応を見せてくれるよ。我々は彼に期待しているんだ」

 ポルトガルはアイスランド戦、オーストリア戦と2戦連続でドローとなっている。最後の相手はグループ首位のハンガリー代表が相手だが、勝利すれば文句なしにグループリーグ突破が決まる。ここまでC・ロナウドは得点を決めていないが、次こそゴールを決めるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/20(月) 11:09

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。