ここから本文です

EURO開催中のスタジアム、荒れたピッチを“塗装”でカモフラージュ。怪我の心配も

フットボールチャンネル 6/20(月) 10:20配信

 リールのスタジアムのピッチは、芝生の酷い状態を誤魔化し、そして芝生が無い部分を覆うために緑色で塗装されたようだ。19日付のフランス紙『レキップ』が報じている。

【EURO2016 最新の順位表】

 リールのスタジアムであるスタッド・ピエール=モーロワでは、EURO2016の試合が6試合行われる予定だ。グループステージではドイツとウクライナ、ロシアとスロバキア、スイスとフランス、そしてイタリアとアイルランドの4試合が行われ、ベスト16と準々決勝で1試合ずつ行われる予定となっている。

 しかし、同スタジアムのピッチコンディションは、このEUROの開催地で最悪だと考慮されているようで、選手の怪我が懸念されているようだ。

 土の盛り上がりや危険な穴といったそれら全てを誤魔化す為に緑色で塗装された芝生がとても酷い状態であることから、フランスとスイスが対戦するまでに許容範囲内の状態にするようグラウンドキーパーらは残業をさせられたようである。

 欧州サッカー連盟(UEFA)は、状況を悪化させることを避けるために、アイルランドとイタリアが対戦する日の前日に予定されていた同スタジアムでの練習をキャンセルした。

 その上同紙は、そこで使用した塗料は看板の塗装に使用されるものと同じ塗料を使用しているとからかってもいるようだ。

 果たして選手に怪我をするリスクを負わせないほどのピッチコンディションまで改善させることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/20(月) 12:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。