ここから本文です

ベイルがウェールズ奇跡のEURO制覇へ秘密兵器導入! マイナス161度の冷凍治療装置でドヤ顔

Football ZONE web 6/20(月) 22:36配信

FK連弾などMVP級の活躍を見せるエースが超回復

 ウェールズ代表ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)が、欧州選手権(EURO)での躍進の秘策として“氷漬け”になった。自身のインスタグラムでマイナス161度の超冷凍療法で回復を図ったことを公開している。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ベイルはGS初戦のスロバキア戦の前半10分、強烈なシンカー系の変化を見せた直接FKで先制ゴールを奪って、ウェールズの大会初勝利に大きく貢献した。続く「英国対決」となったイングランド戦でも、前半42分に約30メートルの位置から強烈な縦回転のFKを叩き込み、世界中の度肝を抜いた。

 ウェールズの人々の期待を一身に背負うベイルだが、その分だけ相手からはハードマークを受け続けている。過密日程が続くなかで身体中に疲労が溜まっているのは想像に難くないが、そんなベイルは秘密兵器を導入した。

 それは凍結療法だ。マイナス100度を超える治療室の中に入ることで体内の血液を刺激し、新陳代謝を良くすることで負傷や疲労回復を早める効果があるとされている。この療法は日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティも導入。今季、奇跡のプレミア制覇を果たした理由の一つともされている。

銀色の近未来的タンクに浮かぶ水蒸気

 そんな凍結療法で、ベイルはなんとマイナス161度の冷凍タンクの中に入ったことをインスタグラムで伝えている。近未来的なシルバータンクの水蒸気の中で、ドヤ顔を浮かべるレフティーは、少々シュールな構図だが、この療法で肉体が回復するのならウェールズにとっては、願ったり叶ったりだろう。

 英国営放送「BBC」は、決勝トーナメント進出が懸かる一戦を前にしたベイルの行動について、「月曜日夜に行われるロシアとのアツい決戦の前に、彼のクールさを失う可能性はない」とジョークを交えて伝えている。氷漬け療法で超回復を果たしたベイルは、今大会のMVP候補とも呼べる活躍を見せている。キレを増すばかりのFKと突破力で、マーカーを凍りつかせることになるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/20(月) 22:36

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。