ここから本文です

大畑創監督の最新作からフランク・ヘネンロッター監督特集まで 「夏のホラー秘宝まつり」開催決定

リアルサウンド 6/20(月) 17:01配信

 観客参加型のホラー映画祭「第3回夏のホラー秘宝まつり 2016」が8月20日からキネカ大森にて開催されることが決定し、あわせてメインビジュアルとラインナップが公開された。

 キングレコードのホラー映画レーベル“ホラー秘宝”が贈る「夏のホラー秘宝まつり」。2014年の第1回、2015年の第2回に続き、今年で3年目を迎える。

 5本公開される新作映画のうち、3本は日本映画。『へんげ』『ABC・オブ・デス 2』の大畑創監督が藤田恵名を主演に迎えたパニックホラー『EVIL IDOL SONG』、夢見るアドレセンスの荻野可鈴、『AVN/エイリアンVSニンジャ』の肘井美佳、2016年ホラー秘宝イメージガールの仁科あいが主演を務める、千葉誠治監督のオムニバス・ホラー『「超」怖い話』、俳優の尚玄が主演とプロデュースを務め、伊藤歩と共演するシチュエーション・ホラー『The Room』がラインナップされた。

 そのほか、日本初上映となる新作洋画として、雪山の小屋に旅行に来た男女が、男性器をおっ立てたウサギ人間に襲われる模様を描くホラー・コメディ『バニー・ザ・キラー』、ある街道を舞台に、奇妙に連鎖し絡みあう怪異現状をテーマにしたオムニバス・ホラー『サウスバウンド』が上映される。

 さらに、上映作品の中から観客が“これだと思う1本”を選出する“ホラー総選挙”の第1回グランプリ作品『ブラインド』、第2回グランプリ作品『ABC・オブ・デス 2』のアンコール上映や、『バスケットケース』シリーズのフランク・ヘンロッター監督、『血の祝祭日』のハーシェル・ゴードン・ルイス監督の特集上映なども行われる。また、5本観たら1本無料になるスタンプラリーなどのイベントやプレゼント企画も予定されている。

 このたび公開されたメインビジュアルの表表紙には、“失神5秒前!!”のコピーとともに本映画祭で上映される作品の一部シーンが収められている。一方の裏表紙には、“二度あることは三度ある キネカ大森で、血の祝宴、開幕!!”のコピーとともに、2016年ホラー秘宝イメージガールに選ばれた仁科あいの着物姿が捉えられている。

「第3回夏のホラー秘宝まつり 2016」上映作品

■新作/日本初上映
『EVIL IDOL SONG』
監督・脚本:大畑創
主演:藤田恵名、木口健太、屋敷紘子、細川唯
主題歌:『EVIL IDOL SONG』含む5曲入りアルバム 藤田恵名 「EVIL IDOL SONG」(KICS3417/2000+税)8月24日発売(キングレコード)
2016/日本
(c)2016 キングレコード

『「超」怖い話』
監督・脚本:千葉誠治
原作:平山夢明 主演:荻野可鈴、肘井美佳、仁科あい
2016/日本/76分
(c)2016 キングレコード

『The Room』
監督:デビッド・シン
プロデューサー:尚玄
出演:尚玄、伊藤歩
2016/日本/83分
(c)Milospy 合同会社

『バニー・ザ・キラー』
監督:ヨーナス・マッコネン
2015年/フィンランド/88分

『サウスバウンド』
監督:ロクサーヌ・ベンジャミン、デヴィッド・ブルックナー、パトリック・ホーバス、レイディオ・サイレ ンス
2015年/アメリカ/89分

■フランク・ヘネンロッター監督特集
『バスケットケース』
『バスケットケース 2』(日本初上映)
『バスケットケース 3』(日本初上映)

■ハーシェル・ゴードン・ルイス監督特集
『血の祝祭日』
『2000 人の狂人』
『カラー・ミー・ブラッド・レッド』
『血の魔術師』
『ゴア・ゴア・ガールズ』

■その他旧作
『ヘル・レイザー』/監督・原作・脚本:クライヴ・パーカー
『ヘルレイザー2』/監督:トニー・ランデル
『ヘルレイザー3』/監督:アンソニー・ヒコックス
『ABC・オブ・デス 2』/監督:大畑創他
『へんげ』/監督:大畑創
『ゾンビデオ』/監督:村上賢司
『口裂け女 in L.A.』/監督:比呂啓、廣瀬陽、小川和也、曽根剛
『いま、殺りにゆきます』/監督:千葉誠治
『ブラインド』/監督:アン・サンフン
『ラブド・ワンズ』/監督:ショーン・バーン

リアルサウンド編集部

最終更新:6/20(月) 17:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。