ここから本文です

U-23日本代表、国内ラスト南ア戦メンバー発表。OA招集されず本大会へ競争激化

フットボールチャンネル 6/20(月) 13:50配信

 日本サッカー協会(JFA)は20日、今月29日に行われるU-23南アフリカ代表とのキリンチャレンジカップに臨むU-23日本代表メンバーを発表した。

【ブラジルW杯】スタンドの花、世界の美女サポーター競演

 松本で行われる南アフリカ戦は8月のリオ五輪に向けて国内ラストマッチとなり、国外合宿でU-23ブラジル戦を経て本大会に挑む。

 先日オーバーエイジ(OA)枠内定が発表されたG大阪の藤春廣輝と広島の塩谷司もメンバーは招集されなかった。

 霜田正浩ナショナルチームダイレクターはOA選手は本大会メンバー18名の中に入ることを明言しているため、南アフリカ戦は23歳以下の選手のみで本大会メンバー行きの座を争うこととなった。

 また、負傷で招集が遠ざかっていた室屋成や中島翔哉らも名を連ねている。招集メンバーは以下の通り。

▼GK
櫛引政敏(鹿島アントラーズ)
中村航輔(柏レイソル)

▼DF
松原健(アルビレックス新潟)
亀川諒史(アビスパ福岡)
橋本拳人(FC東京)
室屋成(FC東京)
植田直通(鹿島アントラーズ)
三浦弦太(清水エスパルス)
中谷進之介(柏レイソル)

▼MF
大島僚太(川崎フロンターレ)
遠藤航(浦和レッズ)
伊東純也(柏レイソル)
原川力(川崎フロンターレ)
矢島慎也(ファジアーノ岡山)
野津田岳人(アルビレックス新潟)
豊川雄太(ファジアーノ岡山)
井手口陽介(ガンバ大阪)

▼FW
鈴木武蔵(アルビレックス新潟)
中島翔哉(FC東京)
浅野拓磨(サンフレッチェ広島)
オナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉)

【了】

フットボールチャンネル

最終更新:6/20(月) 15:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。