ここから本文です

手倉森監督、“3人目のOA”は…「こっちも待ってる状況」。具体的な明言は避ける

フットボールチャンネル 6/20(月) 15:01配信

 日本サッカー協会(JFA)は20日、今月29日に行われるU-23南アフリカとの親善試合に向けたU-23日本代表メンバー21名を発表した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 先日オーバーエイジ(OA)枠内定が発表された藤春廣輝(G大阪)と塩谷司(広島)は招集されず、23歳以下の選手のみで挑むこととなった。

 発表会見で手倉森誠監督はこの2人の招集を見送った理由を次のように説明している。

「OAを呼ばないのは、僕の考えです。今Jリーグは1stステージの優勝争いも佳境で、2ndステージも始まる。6月と7月はものすごく試合が立て込んでる。そこでOAを呼んだ時のコンディションを考慮しました。OAの選手たちはブラジルに行ってからでも十分にすり合わせすることができるなと自分の中に自信がある」

 また、3人目のOA枠として浦和レッズの興梠慎三の名前が挙がっているが、正式な発表はいまだされていない。

 手倉森監督は、「こっちも待っている状況です」と述べるにとどめ、招集時期や進捗など具体的な明言は避けた。

(取材・文:今関飛駒)

フットボールチャンネル

最終更新:6/20(月) 16:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革