ここから本文です

J2松本、湘南MFパウリーニョを獲得…来日7年で5クラブ目「大きな潜在能力を感じる」

フットボールチャンネル 6/20(月) 17:49配信

 J2の松本山雅FCは、湘南ベルマーレでプレーしていたブラジル人MFパウリーニョを期限付き移籍で獲得したことを発表した。

【動画】本田圭佑、苦難続きも“のびしろ”たっぷり? AKB小嶋真子と今シーズンを振り返ろう!【Fchan TV#8】

 パウリーニョはジェフユナイテッド市原・千葉から湘南に期限付き移籍していたが、一度千葉に復帰して再び松本に移籍する。なお、千葉戦には出場することができない。背番号は「14」で、契約は7月1日から来年1月1日までとなる。

 今季、湘南で10試合に出場して2得点を記録。開幕から9節までは全試合に出場していたが、10節以降は1試合の出場にとどまっている。

 松本のオフィシャルサイトで、「松本山雅FCというチームには大きな潜在能力を感じています。チームメイトと共にJ1に昇格出来るよう貢献したいと思います。松本のスタジアムでサポーターの皆さんに会えるのを楽しみにしてます」と新天地での意気込みを述べた。

 現在、松本はJ2で3位の位置につけている。日本でのプレー経験が豊富なブラジル人MFは、来日7年で5つクラブ目となる松本を昇格に導けるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/20(月) 18:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。