ここから本文です

宇佐美、アウグスブルク移籍が決定! 4年契約で2度目のドイツ挑戦へ

フットボールチャンネル 6/20(月) 18:14配信

 J1のガンバ大阪は、日本代表FW宇佐美貴史がドイツ・ブンデスリーガのアウグスブルクに完全移籍することを発表した。アウグスブルクからも発表されている。契約期間は4年。

【動画】本田圭佑、苦難続きも“のびしろ”たっぷり? AKB小嶋真子と今シーズンを振り返ろう!【Fchan TV#8】

 2009年にG大阪のトップチームデビューを果たした宇佐美は2011年にバイエルン・ミュンヘン、ホッフェンハイムに期限付き移籍し、2013年6月にG大阪に復帰した。

 6月25日の1stステージ最終戦の名古屋グランパス戦が最終戦となり、試合後にセレモニーが行われる。

 アウグスブルクのシュテファン・ロイターSDは、「宇佐美は若くしてブンデスリーガを経験しており、G大阪での数年でものすごく成長した。彼のクオリティはチームを助けてくれることを確信している」と期待を寄せている。

 また、宇佐美は「日本からブンデスリーガをいつも追っていたし、アウグスブルクは過去数シーズンでとても進歩したクラブです。ブンデスリーガに戻れてとても嬉しいです」と移籍の喜びを語っている。

 宇佐美はJ1通算で119試合に出場して45得点を記録。Jリーグ、ナビスコ杯をそれぞれ1回、天皇杯を3回優勝するなど、多くのタイトルをクラブにもたらしている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/20(月) 19:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)