ここから本文です

「深層対話力」を磨くと、自然に身につく「人間関係力」[『仕事の技法』著者インタビュー 最終回]

Forbes JAPAN 6/20(月) 18:30配信

本誌「Forbes JAPAN」の人気連載「深き思索、静かな気づき」の田坂広志氏が、『仕事の技法』(講談社現代新書)『人間を磨く』(光文社新書)を立て続けに上梓。今回は『深層対話力』の先にある、さらに広い世界について語ってもらった(過去記事はこちら;第1回、第2回)。



Q:この『仕事の技法』では、「言葉以外のメッセージ」を感じ取る力という意味で、「深層対話力」を述べられていますが、逆に、「言葉以外のメッセージ」を伝える力も、「深層対話力」と呼ぶことができるのでしょうか?

田坂:その通りです。今回の『仕事の技法』では、「言葉以外のメッセージ」を感じ取る力を中心に「深層対話力」を語りましたが、「言葉以外のメッセージ」を伝える力という意味での「深層対話力」も、極めて重要です。

この「伝える力」の「深層対話力」を身につけるならば、例えば、若手社員の時代には、社内での会議において、上司や参加者の発言に適切なタイミングで頷くことによって、無言で「賛同のメッセージ」を伝えることができるようになります。また、商談において、上司の傍に、心を添わせ、真摯な面構えで控えることによって、顧客に無言で「好印象や信頼感を与えるメッセージ」を伝えることができます。

そして、こうした「言葉以外のメッセージ」を伝える能力を、若手社員の時代に磨いておくならば、自身がマネジャーや経営者になったとき、さらに優れた能力が開花します。

例えば、「あのマネジャーは、黙って、そこにいるだけで、職場が生き生きとする」と評されるマネジャーや、「あの経営者は、静かな目配りだけで、人を動かす力がある。存在感のある人だ」といった評価を受ける経営者は、若い頃からの修行を通じて、見事な「深層対話力」を身につけています。

ちなみに、私は、世界経済フォーラムのGlobal Agenda Councilのメンバーでもあるので、毎年、ダボス会議に出席していますが、このダボス会議でスピーチを行う、トニー・ブレア、ゴードン・ブラウン、デーヴィッド・キャメロンなどのイギリス元・現首相ら、アンゲラ・メルケル・ドイツ首相、ニコラ・サルコジ・フランス元大統領、ウラジーミル・プーチン・ロシア大統領、ビル・クリントン・アメリカ元大統領などの世界のトップリーダーの話術を間近に見てきました。

そこで、いつも感心するのは、彼らは、いずれも、「言葉のメッセージ」の発し方も見事ですが、例外なく、「言葉以外のメッセージ」の発し方が見事です。このメッセージの技法については、拙著、『ダボス会議に見る世界のトップリーダーの話術』(東洋経済新報社)に詳しく述べましたので、興味のある方はご覧ください。

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 18:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。