ここから本文です

ウェディングソング・アンケート2016

CD&DLでーた 6/20(月) 18:35配信

6月の花嫁・6月の結婚といえば、ジューンブライド。
今回『CD&DLでーた』では、10~30代の男女を対象とした「ウェディング(結婚)ソング」ランキングを発表します。

総合ランキング1位は、「Butterfly」(木村カエラ)です。“幸せな気分になる”(15歳・女性)、“メロディがかわいらしく、歌詞も結婚式にピッタリ”(29歳・女性)、“どんな雰囲気の式にも合いそう”(36歳・女性)など、女性を中心に幅広い支持を集めました。もともとは友人の結婚式のために作られた曲ですが、楽曲のリリース翌年にはご自身も結婚を発表するなど、幸せなイメージにあふれた作品となっています。今回のアンケートにおいて、男女ともに“自分の結婚式で使用した・使用したい”というコメントがたくさん寄せられたのも印象的です。

第2位は、「CAN YOU CELEBRATE?」(安室奈美恵)です。ウェディングソングの定番として、20代女性と30代男女の得票を多く集めました。すでに1997年のリリース時から20年近くが経ちますが、“やはり定番。安室ちゃんが好きで今もよく聴いています”(21歳・女性)、“いい歌だと思う”(34歳・男性)、“大好きな曲で当時はもちろん今でも歌うから”(34歳・女性)といった楽曲に対するコメントをはじめ、“アーティスト・安室奈美恵”に対する根強い支持が伺える結果となりました。

第3位は、女性からの圧倒的な支持を集めた「愛を叫べ」(嵐)です。“嵐が好きだから”という女性ファンからの声も多くありましたが、同様に“盛り上がるから”(16歳・男性)、“歌って踊って盛り上がれそう”(17歳・女性)、“みんなで楽しめそう”(36歳・女性)など、ノリの良さやリズム感、明るく楽しい雰囲気を評価する声も多く寄せられたのが特徴的です。“自分の結婚式で使いたい曲や相手に贈りたい曲はほかにあるけれど、ウェディングソングと言えば、この曲が盛り上がるかなと思います”(29歳・女性)というコメントにもあるとおり、感動的なバラードとはまた異なる、ウェディングソングの新しい可能性を示したと言えるのではないでしょうか。

そのほかに注目したい曲のひとつが、「Wherever you are」(ONE OK ROCK/総合9位)です。“ライブで聴いて感動した”(22歳・女性)、“相手を想う気持ちが強く表れている”(22歳・女性)、“歌詞が結婚とぴったりの内容”(28歳・男性)など、シングル曲としてリリースされているわけではありませんが、楽曲の魅力が高い支持につながり、ランクインしています。

そしてDAIGOさんが北川景子さんとの結婚披露宴で歌ったプロポーズソング、「KSK」(DAIGO/総合11位)。 “とても素直な歌詞で感動した”(16歳・女性)、“良い曲だと思うから”(31歳・男性)、“気持ちがこもっていて本当に素敵。歌が上手な旦那さんだったら、自分に向けてぜひ歌ってほしい”(33歳・女性)など、祝福ムードに包まれたお二人のご結婚を象徴するウェディングソングとして注目を集めました。

さて、「ウェディング(結婚)ソング」ランキングはいかがでしたでしょうか。
「ウェディング(結婚)」をテーマとした調査は2年ぶりとなりますが、今回もそれぞれの「結婚・結婚式」に関するエピソードや幸せな思い出がたくさん寄せられました。
定番曲から新しい曲まで様々な曲がランクインしていますので、ぜひ全曲チェックしていただければと思います!


-CD&DLでーた編集部-



順位
曲名
アーティスト名


1
Butterfly
木村カエラ


2
CAN YOU CELEBRATE?
安室奈美恵


3
愛を叫べ



4
家族になろうよ
福山雅治


5

中島みゆき


6
One Love



7
愛をこめて花束を
Superfly


8
乾杯
長渕剛


9
Wherever you are
ONE OK ROCK


10
トリセツ
西野カナ


11
KSK
DAIGO


12
永遠にともに
コブクロ


13
ありがとう
いきものがかり


14

Bank Band


15
キセキ
GReeeeN


16
365日
Mr.Children


17
幸せをありがとう
ケツメイシ


18
Marry You
ブルーノ・マーズ


19
3月9日
レミオロメン


20
Wedding Bell ~素晴らしきかな人生~
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE



【調査概要】
調査対象 : 全国47都道府県の10代から30代までの男女
回答者数 : 10021人(男性5423人、女性4598人)
調査手法 : 大規模ユーザーリサーチシステム『eb-i』によるインターネット調査
調査期間 : 2016年5月2日~5月3日


 

【eb-iとは】
『eb-i(Entertainment Business Insight)』は、株式会社KADOKAWA・DWANGOが週単位で継続して行っている、エンターテイメント分野の消費動向調査です。保有している全国20万モニターから週次で1万超を回収し、エンターテイメント分野の実態を調査・分析しています。

【『CD&DLでーた』について】
創刊28年目となる、“音楽がもっと好きになる”音楽情報誌(奇数月14日発売)。J-POPを中心としたアーティストのロングインタビューやコラムなど、様々なコンテンツを取り扱っています。

最終更新:6/20(月) 18:35

CD&DLでーた

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CD&DLでーた

株式会社KADOKAWA

9-10月号
9月14日(火)発売

990円

Acid Black Cherryを1stカバーに
ワルキューレを2ndカバーに迎え
「ステージの上で学んだこと」をテーマに
人気アーティストにインタビュー!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。