ここから本文です

リオ五輪一本化も不安!? オーバーエイジに揺れる興梠が、9戦無得点で「感覚を取り戻したい」

SOCCER DIGEST Web 6/20(月) 8:08配信

日本サッカー協会が“最後の1枠”に一本化か――。

[J1・1stステージ16節]サンフレッチェ広島4-2浦和レッズ
6月18日/エディオンスタジアム広島


「自信、なくしますよ……」
 
 興梠慎三はがっくりと肩を落としていた。中2日、3日で続くJ1リーグ怒涛の5連戦の3試合目。広島でのナイターの一戦は、高い湿度と気温のなか、想像以上に体力の消耗を強いられた。
 
「この暑いなかで上下動を90分間繰り返すのを考えたら、正直キツイと思う。引くところは引く、メリハリも大事。ボールはキープできているので、もったいない感じはする。
 
 やっているサッカーは正しいし、これまではシーズン後半に失速してしまってきたけど、今度は違うんだというところを見せていきたい」
 
 広島戦での興梠はCB千葉との駆け引きで上を行き、千葉が飛び込んで来ようとすると、スルッと反転してかわしチャンスメイク。決定的なシュートを2本放った。しかし――そのフィニッシュを仕留め切れず、逆に後半に3点を与えてしまい、2-4の逆転負けを喫した。
 
「あれ(2本の決定機)を決めていれば勝てた……。今はなんだか上手くいかない。僕のところでボールは収まっているけど、決め切れない。もう一度、感覚を取り戻さないと」
 
 9節の名古屋戦(4-1で浦和が勝利)以来、ACLを含めると公式戦9試合ノーゴール。CFの“当たり”が止まった浦和は、興梠の調子とともに徐々に成績も落としていった。
 
 それだけに興梠は責任を痛感している。
 
「負け続ければ自信をなくすし、今はみんな楽しんでプレーできていない。シーズンを通して、波はあるもの。チームが勝たないと、調子も上がっていかない。歯がゆいですよね」

 興梠は「歯がゆい」と言った。この苦悶の闇をくぐり抜けるためには、ゴールを決めるしかない。そして、あくまでも目標がステージ優勝ではないことを強調する。

「ファーストステージ(優勝)が目標ではない。落ち込む必要はない。連敗はここまでで終わらせて、勝てば勢いがつく」

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場したチームは、スケジュール調整のため、第1ステージ終盤に連戦をこなしている。
 

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 8:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。