ここから本文です

FC東京対新潟戦で生まれた妙な先制点。守備側へ不利に働くルールの“なぜ”

SOCCER DIGEST Web 6/20(月) 7:00配信

“ノーガード”に近い状態でリスタートするのは…

 6月18日のFC東京対新潟で生まれた先制点は、妙な形だった。
 
 23分、FC東京陣内へ攻め込んだ新潟の山崎亮平がエリア手前からシュート。DFに当たり高くバウンドしたボールをGK秋元陽太が難なくキャッチし、そこから組み立てに入ろうとしていた矢先だった。
 
 突如、主審のホイッスルが鳴り響き、新潟に間接FKが与えられたのだ。素早いリスタートを狙った新潟の山崎は、秋元が保持していたボールを奪い取り、エリア内でボールをセット。この時点で、FC東京DF陣がゴール前に戻り切れていなかったため、山崎からパスを受けた成岡翔は難なくゴールネットを揺らした。
 
 一瞬目を疑いたくなるような光景だったが、ゴールの判定。「してやったり」と喜ぶ新潟イレブンに対し、FC東京側は審判へ猛抗議したが、判定は覆らなかった。
 
 反則と見なされたのはGKが6秒以上ボールを保持していた、いわゆる「6秒ルール」。実際秋元は、一度ボールを蹴ろうと見せかけてその動作を止めており、6秒に達していた可能性は高い。当の本人は試合後、「自分の不注意だった」とも述べている。
 
 FC東京側にとって腑に落ちなかったのは、むしろ、そのあとのリスタートに対する措置だったに違いない。
 
 競技規則によると、間接FKの場合はレフェリーのホイッスルで再開しなければならない義務はなく、笛が鳴らなくてもリスタートは可能だ。つまり、これも「規則通り」ということになる。
 
 そうとは言っても、守備体制が整っていない“ノーガード”に近い状態でリスタートさせるのには、やはり違和感が拭えない。そもそも、このルールがなぜ成り立っているのかは定かではないが、審判のルールに詳しい石井紘人氏は、「近年、攻撃側に有利に働くようなルール改正が進んでいる背景も多少絡んでいるのでは」との見解を示している。
 
 いずれにせよ、この試合を観ていた大半の人々(特にFC東京サポーター)が不可解だと感じていたのは試合後、審判団に大ブーイングが浴びせられた事実からも明らかだった。
 

最終更新:6/20(月) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。