ここから本文です

【リオ五輪代表】南アフリカ戦に挑む21人が決定。中島、室屋、鈴木らが復帰

SOCCER DIGEST Web 6/20(月) 14:30配信

「ある程度の枠組みはある」(手倉森監督)

 6月20日、南アフリカ代表とのキリンチャレンジカップ2016(6月29日19時30分キックオフ予定)に臨むU-23日本代表候補メンバー21人が発表された。
 
 リオ五輪前の国内での最後のテストマッチとなるが、メンバーには負傷明けの中島翔哉、室屋成、鈴木武蔵、松原健らが選ばれた。
 
 手倉森誠監督は「壮行試合のように思われがちだが、これは強化試合。これまで参加してきた選手、アジア最終予選後に怪我をした選手、改めて見たい選手で21人を構成をしました。スピードとパワーを示しながら戦いたいです」と語った。
 
 リオ五輪の登録メンバー18人は南アフリカ戦の2日後、7月1日に発表される。これが選手たちにとって最後のアピールの場となるが、指揮官は「1日まで時間はない。ある程度の枠組みはある。ただ、復帰組が帰って来ているなか、チャンスを与えるのは自分のやり方。小さな差し替えはあるのかなと。心の準備は常にしておかないといけない、ここにいるメンバーにはそういうメッセージを送りたい」と説明した。
 
 また藤春廣輝、塩谷司が内定しているオーバーエイジに関しては「オーバーエイジを呼ばないのは僕の考え。6、7月は試合が立て込んでいる。そこでコンディションを考慮しました。本大会で彼らを交えた時にお披露目できればと。もう1枚に関してはこちらは待っている状況です」と話した。
 
メンバーは以下のとおり。
 
GK
1 櫛引政敏(鹿島)
12 中村航輔(柏)
 
DF
2 室屋 成(FC東京)
4 松原 健(新潟)
5 植田直通(鹿島)
6 橋本拳人(FC東京)
15 亀川諒史(福岡)
19 三浦弦太(清水)
20 中谷進之介(柏)
 
MF
3 遠藤 航(浦和)
7 原川 力(川崎)
8 大島僚太(川崎)
10 矢島慎也(岡山)
11 野津田岳人(新潟)
14 豊川雄太(岡山)
17 井手口陽介(G大阪)
18 伊東純也(柏)


FW
9 鈴木武蔵(新潟)
13 中島翔哉(FC東京)
16 浅野拓磨(広島)
21 オナイウ阿道(千葉)
 
 

最終更新:6/20(月) 17:19

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。