ここから本文です

【EURO 今日は何の日】6月20日「ドイツの悪夢(76・84年)、トルコの奇跡(08年)」

SOCCER DIGEST Web 6/20(月) 18:25配信

初の決勝PK戦で敗北 & 最終節90分での失点で早期敗退…。

 1976年に行なわれた5回目のEURO。西ドイツ(当時)は優勝候補筆頭だった。前回大会の優勝国であり、2年前には自国開催のワールドカップで2度目の世界制覇を成し遂げていたのだから、それも当然のことである。
 
 ただし、稀代の点取り屋である“爆撃機”ゲルト・ミュラーがサッカー連盟との対立により出場を辞退しており、決定力には不安が囁かれていた。
 
 案の定、その歩みは危なっかしいものだった。準決勝の開催国ユーゴスラビア戦では、2点をリードされる苦しい展開。ここでヒーローとなったのは、この試合が代表デビュー戦となった、途中出場の22歳、ディーター・ミュラーだ。
 
 この“新たなミュラー”はいきなりハットトリックを決め、延長戦での4-2の勝利に大きく貢献した。
 
 6月20日に行なわれた決勝戦の相手は、オランダを撃破したチェコスロバキア。キャプテンの“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーが代表100試合目を迎えた西ドイツにとっては思わぬ対峙だが、与しやすい相手だとも思われていた。
 
 しかしここでも、西ドイツは2点を先取される。そしてユーゴ戦同様、追撃の1点を挙げたのはミュラー。同点ゴールはなかなか奪えず、ベルント・ヘルツェンバインがゴールネットを揺すった時、試合開始から90分が経っていた。
 
 その後、延長戦でも試合は動かず、これまでなら再試合となるところを、PK戦が採用される。
 
 ともにゴールを決めていくが、西ドイツ4人目のウリ・ヘーネスの渾身のキックは、クロスバーを高々と越えた。チェコの5人目はアントニン・パネンカ。名GKゼップ・マイヤーの意表を突いたチップキックは、今でも伝説となっている。
 
 初戴冠に沸くチェコの傍らで、連覇を逃した西ドイツはただうなだれるだけだったが、その戦いぶりは国内でも称賛され、サッカー連盟は報酬の倍額支払いを決定したという。
 
 この大会から8年後、フランスでのEURO84でも西ドイツは前回王者として大会に臨んだが、ここでは屈辱にまみれての敗北、早期帰国を余儀なくされた。
 
 ポルトガルに引き分け、ルーマニアには勝った西ドイツは、6月20日、首位でグループステージ最終節を迎えた。相手はスペイン。引き分け以上で勝ち抜けが決まる有利な状況だった。
 
 試合は、ともに得点機を活かせないままスコアレスで終盤を迎え、西ドイツは試合を終わらせにかかったが、90分、スペインは右からのクロスをアントニオ・マセーダが身を投げ出しての渾身のヘッドで押し込み、土壇場でリードを奪った。
 
 反撃のための時間はほとんどなく、前回王者は悪夢の結末でグループステージ敗退。これでユップ・デアバル政権は幕を閉じ、ベッケンバウアーが新たな指揮官に迎えられることとなった。

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 18:33

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。