ここから本文です

もし、夫に突然別れを告げられたら?

R25 6/21(火) 7:01配信

ある日突然、夫に離婚を切り出されたら? 妻はどう対処すれば良いのだろうか。

「ダンナさんが『離婚しよう』というとき、そこに浮気がからんでいる場合、多くの人は、それが悪いことだと気づかせようと諭します。でも、それはいちばんやってはいけない行動です」と言うのは夫婦再生カウンセラーの下木修一郎さん。

「悪いことをしているなんて、本人も百も承知です。遊びで浮気する人なら良いかもしれませんが、もしそれが奥さんに対してガマンにガマンを重ねた上での浮気だったとしたら、そこで攻撃をすると、逃げるだけですよ」(下木さん 以下同)

夫が浮気していた場合、夫を責めるのではなく、「そこまで放置した自分も悪かった」と言えるのが、望ましいそう。でも、現実にはそれはなかなか難しい。

また、「夫の両親に話して叱ってもらう」という人もいるが、それもNGだという。

「ダンナさんはすでに追い込まれているのに、親が出てくると、余計に逃げ場をなくします。すると、奥さんを恨むことにもなりかねません」

●自分の思いを伝えるよりも、相手の声に耳を傾ける
離婚を決意している夫には、泣いてすがる、謝るしかできないのだろうか。

「謝罪はあくまで『許してほしい』という自分側のリクエストに過ぎません。ダンナさんのことは一言も言っていない、相手の気持ちは全く考えていないのですから、そんな人とやり直せるでしょうか。無理でしょうね」

さらに、そんなとき、女性の口から出てくる言葉は「そんなことない。私はあなたのことを考えている」というものだそう。それもまた、「自分目線」に過ぎないという。

では、いったん別れを切り出されてしまったら、もう修復は難しいのだろうか。

「修復できる人もいれば、できない人もいます。ただ、別れを切り出すダンナさんはたいてい『妻の愛情を感じない』と言うのです。ダンナさんにそう言われたら、奥さんは『そうだね。こんなに頑張ってくれていたのに』などと振り返り、評価できるでしょうか。すでに遅いかもしれませんが、ダンナさんがこれまでしてくれたことを思い出し、感謝をきちんと伝えることは必要です」

別れを切り出されてしまったとき、回復させる「魔法」はないかもしれない。

でも、自分の一方的な気持ちばかり伝えるのではなく、相手を労い、評価し、感謝することができたら、相手は「本当に離婚してよいのだろうか」と、決意が揺らいだり、冷静になって結論を先送りしてもらったりすることはできるかも。
(田幸和歌子+ノオト)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/21(火) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。