ここから本文です

実録・子どもの本性を知らない親たち!

R25 6/21(火) 7:01配信

自分の子どもの悪事を一切認めず、他の子どもに責任転嫁。「うちの子はたまたまそこにいただけ」などと言い訳をつけ、何とかわが子の正当性を見出そうとする…そんなママ友にイラ立ちを覚えることも少なくないのでは? ここでは、教師をしているある母親が引き起こした“驚愕のイライラ事件簿”を紹介する。

●わが子の非を認めない親
「Mさんは、学校の役などを決める時も、何かと“私は教師だから忙しくて …”と言い訳するんですね。働いているお母さんは他にもたくさんいるし、みんな何とかやりくりしながら、学校の係や役もこなしているんですよ。いつも偉そうにしているし、みんな陰では“何様?”と彼女の悪口を言っています」(Aさん 以下同)

Aさんは小学5年生と小学1年生の男の子を持つワーキングマザー。IT企業で常駐勤務しているため、育児と仕事に追われる日々だ。そんななか、事件は起きた。

「学校から電話がかかってきたんです。長男がMさんの息子・Bくんたちに羽交い絞めにされ、足を蹴られてケガしたとのことでした。うちの小学校はいじめ対策はわりとしっかりしている方で、いじめた側の男の子たちと親御さんは校長室に呼ばれ、しっかりとお灸をすえられたようです。その後、菓子折を持って謝りにきましたが、教師のMさんとBくん はヘラヘラ笑っていて、まったく反省の色が見えませんでした」

Bくんは、その数日前にも、クラスメイトの自転車の鍵をわざと投げてなくし、謝罪に行ったばかりだった。

「他にも、水着や体操着など人のモノを隠したり、やりたい放題。Mさんは息子の悪事は一切認めず、『うちの子は運が悪くて、いつもたまたまその場に居合わせるだけ』と弁解して歩いていると聞きました。いつでも謝りに行けるように、菓子折りが家に沢山置いてあるという噂も…。“とりあえず謝っておけば文句はないんでしょう!”というスタンスだったようです。教師という立場上、息子の悪事を認めることができなかったのかもしれませんが、BくんはMさんの気を引きたくて、わざと悪さをしているように思えました」

そのBくんは、ついに文房具店で万引きで捕まる事態にまで陥ったという。

「そこまでやっても、わが子の悪事を認めず、“誰かに無理矢理やらされたに違いない”と言ってのけたようです。周りのお母さんたちは、もうそんな彼女に辟易でしたね。自分の息子がボスであることにも気づかないし、いろんな悪さを手下の子どもたちにやらせていたことにも気づいていない様子でした。万引き事件の時は、周りにいた子どもたちも事情を聞かれたらしく、お母さんたちはかなり怒っていましたが、“あの人には何を言っても通用しない”とみんなあきらめていました」

結果、学校では親子共に総スカンを喰らうようになった。

「それでもへこたれず、行事だけは普通に参加しているので、相当図太い神経の持ち主ですよね。そのくせ、わが子にちょっとでも被害が及ぶと、平気で学校に怒鳴りこみにいく。普通じゃありませんよね(笑)。Bくんは元々は明るくていい子だったし、うちの息子も“いいところもあるよ”と言っていたので、本当に残念に思います」

子どもの本性をあえて知らないふりをしているのか微妙なところだが、悪事をおかしたわが子と向き合わず、他者に迷惑をかけ続けているのだとしたら、それは母としてあるまじき行為。だが、この手の迷惑親子はどんなところにも存在するのだ。

(取材・文/ワタベマキ)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/21(火) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。