ここから本文です

「夫の転職」応援する? 妻の対処法と心得

R25 6/21(火) 7:01配信

夫から突然「転職したい」と言われたら、あなたはどうしますか? 驚きとともに、「これからの生活は?!」「ローンがまだ残っているのに...」と一瞬にしていろんな不安が脳裏をよぎりますよね。今後の将来が心配になり転職を必死で阻止するいわゆる"嫁ブロック"を発動させる妻も多いそう。
しかし夫の転職したい理由もさまざま。今の職場に危機感を感じてのSOSであれば、引き止めることで体や心を壊してしまう危険性も潜んでいます。転職したいと夫に言われたとき、いったいどうするのがよいのでしょうか? 妻としての対応と心構えを覚えておきましょう。

●突然の転職宣言に、戸惑いを隠せない...
いきなりの夫の転職宣言に戸惑いを隠せないママは多いよう。まずは実際に転職を切り出されたことがある人の体験談をご紹介しましょう。もしかすると、あなたもいつか同じような体験をする可能性があるかも...?!

・突然の申し出に困惑
家族4人の専業主婦です。夫が3月末で今の会社を辞めて転職したいと言い出しました。転職活動も、仕事が忙しすぎて何もしていません。ネットで求人を見ているぐらいです。私は、これから2人の子どもとマイホーム購入のために貯金をがんばろう!と考えているところでした。今は夫の顔もまともに見たくありません。

・離婚がちらつく
結婚してもうすぐ3年、2歳の娘がいます。今日夫が4回目の転職をしたいと打ち明けてきました。小さな会社に勤めておりワンマンな社長と合わないそうです。辞めグセがついてしまっているのだと思います。前回の転職のときに夫の両親からも口添えしてもらったり、たくさん話し合いました。そのうえでの転職だったのに結局また転職。正直もうつきあいきれません。離婚が頭をちらついてしまいます。

●転職夫を支えた妻たちの心境と対応
転職後の生活も心配だけど、このままの状態でも夫のことが心配...。そんな気持ちのはざまで、転職したいという夫の訴えに「いったいどう切り返せばいいの?」と悩む妻たち。突然の夫の転職宣言に妻たちはどう対処しているのでしょうか?

・「辞めてもいいよ」と言いました
「仕事辞めていいよ」と言いました。辞めてしまったとしてもしばらくは貯金を取りくずすことになるだろうけど、何とかなると思っていました。この先何十年も家族をメインで養うのは夫ですから、やりたい仕事があるなら応援しようと決めていました。でも結局、辞めずに今も同じ会社に勤めています。

・夫の気持ちが固かった
夫が転職をしました。業界大手の安定した会社だったので、転職するのはもったいないし、不安でいっぱいでした。ですが、夫の気持ちは固かったので、転職先を決めてから退職するということで話を進めました。違う業界での仕事を希望していて、結果的にその業界で大手の会社に就職し年収もアップ。ハードですがやりがいを感じているようで、転職してよかったです。

・私のほうから言いました
子どもは1人目で、専業主婦しています。毎晩疲れ果てて帰ってきて、部署を異動してから5キロ近く痩せたこともあり、心配している毎日です。私のほうから辞めてもいいと言ったことがあります。いつ辞めてもいいんだと思えば、気持ちが少しでも楽になると考えたからです。

・「管理職までがんばって」
夫は結婚してしばらくはノルマがある仕事がつらい、終わりがないと愚痴っていました。相談されたとき、私は「今はがんばったほうがいい」と言っています。「今が踏ん張りどきだよ、管理職まであと数年だよ」と。地方都市で再就職は厳しいからです。実際管理職になって手取りは少し減りましたが、個人のノルマがほぼなくなったので気持ちが違うようです。

・背中を押しました
会社に不満があることを聞いていたし、給料下がっても私が働いて補えばいいと思ったので「辞めたら?」と背中を押しました。でも夫は在職中にコツコツ転職活動して今と同等レベルの会社に内定を決めてきました。住宅購入が延期になってしまいましたが、間取りなどじっくり考える期間として楽しみたいと思います。

●覚えておきたい、妻としての心構え
いきなりの転職相談に動揺しない人はいませんよね。でも、そんなときこそ冷静な判断が必要。妻は夫にとって、この先の人生を共に歩む心強いパートナー。まずは相手の話に耳を傾けて、2人で一緒に解決策を考えてみてはいかがでしょうか?

・否定せずに話を聞く
うちは夫が専業主夫やっています。追い込まれるところまで追い込まれているのがわかったので、「辞めていいよ」と言いました。夫がメンタルの病気で働けませんから、私が大黒柱です。うちの夫のようにメンタルを病んで働けなくなることだってあります。夫側の話をきちんと聞いて、否定せずに受け入れることが大事だと思います。

・次の職場が決まったら、など条件を提示
本人がその職場で働きたくないと言うのなら、しかたないでしょうね。ただし、「次の職場が決まっているときに限る」です。夫は、「3年前後で転職」を繰り返しており、今の職場が4社目です。結婚してからも2回転職しました。今までの仕事で得たものは何か、次はどういう業種・職種で働きたいのか、自分の強みを次の職場でどう生かせるのか。このへんをきっちり詰めておかないと、転職はむずかしいと思います。

・すぐに結論を出さない
夫が4年前に仕事を辞めたいと言い出しました。いろいろ考えましたが、私は背中を押しました。生活にこれだけのお金がかかる、転職したらお給料はどうなるのか、子どものことはどう考えていくのか、話し合いをしないといけないと思いますよ。そして同じ会社でほかの部署にうつることはできないか。とにかく、早急に結論を出すのではなく話し合いだと思います。

・笑顔でどーんと構えて!
うちも昨年は転職に揺れた1年でした。妻はどーんと構えていることしかできないと思います。笑顔でいること。受け止めること。不安の渦中にいると自分も巻き込まれそうになりますが、しっかり踏ん張って夫の腕を引っぱっていかないと。ともかく味方でいてあげてください。子育ては...多少手抜きしてください。こちらはまぁ、なんとかなります(笑)。

夫が仕事でつらそうなとき、妻の支えが仕事を続ける励みになることも。もちろん生半可な気持ちで仕事を辞められてしまうのは困ってしまいますが、ときにはじっくり話を聞いてあげることも大事なようです。頭ごなしに「転職しちゃだめ!」と止める前に、まずは夫婦でじっくり話し合うことが選択に失敗しないコツと言えますね。


記事提供/『ウィメンズパーク』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/21(火) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。