ここから本文です

ONE PIECE実写映画化の誤情報 集英社が否定

R25 6/21(火) 7:01配信

『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画『ONE PIECE』が中国企業によって実写映画化されるとの真偽不明の情報がネット上で拡散。最終的に『週刊少年ジャンプ』を発行する集英社が情報を否定するという騒動が巻き起こった。

きっかけとなったのは、ニュースリリース配信会社「ビジネスワイヤ」が6月16日に配信した「ワンピースを実写映画化 窪田正孝と中国の女性アイドルが主演」というリリース。その内容は、中国企業「Shanghai Minghuan Investment」が、『ONE PIECE』の著作権を作者である尾田栄一郎から16億円で購入し、実写映画化を計画中であると発表した、というもの。主人公のルフィを窪田正孝が、ヒロインの「シャーロット・プリン」を中国のアイドル・グループGNZ48の謝蕾蕾が演じるとしている。

いきなり降ってわいた中国企業による『ONE PIECE』実写化話。このニュースリリースが時事通信社の「時事ドットコムニュース」などにも掲載されたこともあり、ネット上で拡散。ツイッターでは、

「ワンピース実写映画化はさすがにうそでしょ!?ねぇ!?」
「ワンピースが実写化とか、僕は信じません!笑っ」

と半信半疑のネットユーザーが多かった。

その後、ニュースサイト「クランクイン!」や「BuzzFeed」が集英社に事実確認をしたところ、映画化の事実はないと回答。まったくの誤情報だったことが明らかになり、

「ワンピースの実写がデマで心底安心した」
「中国でワンピースを実写化するって聞いた瞬間でかい声でえっ!!?ってなったけど実写化しなくなってよかったあああ(´;ω;`)」

と、『ONE PIECE』のファンたちも安心の様子だ。

今回の実写化が誤報だったことで安心しているのは、『ONE PIECE』ファンだけではなく、窪田正孝のファンも同様。

「窪田君はもちろん、ルフィも大好きだけど、実写化なんてしたら、デスノのときみたいに最初いろいろ叩かれそうだから。ほっとした」
「個人的に窪田くんファンだから 凄く複雑だったと言うか。窪田くん好きだけど 実写化は違う。みたいな。 とりあえずデマでよかった」
「窪田くん、デスノート以上にプレッシャーかかっちゃったら嫌だし、疲れ切ってる窪田くんは見たくないからさ笑 ガセで良かったなー笑」

との意見も多かった。

原作とイメージが違うなどと何かと批判的な意見にさらされることが多い人気漫画の実写映画化。原作ファンの不満の矛先が、主演を演じる俳優に及ぶことはよくある。今回の騒動がデマだったことで、『ONE PIECE』および主演予定とされた窪田正孝、両方のファンを安心させる結果になった。

なお、6月20日現在、「時事ドットコムニュース」において、該当のリリースは削除されている。

(小浦大生)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/21(火) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。