ここから本文です

ベビー・ドリーの舌ったらずの喋りに日本中がメロメロ?

Smartザテレビジョン 6/21(火) 8:15配信

「ファインディング・ニモ」から1年後の世界を描く、全世界待望の映画「ファインディング・ドリー」が7月16日(土)より日本公開。6月17日に公開を迎えた全米では、4305館での公開週末の興行収入が1億3618万3170ドル(Box Office Mojo調べ)の圧倒的な成績で、“アニメーション史上 全米歴代No.1オープニング”の記録を塗り替える大ヒットスタートを切った。

【写真を見る】ドリーと日本でも話題沸騰中の“顔出しNGの歌姫”シーアがタッグを組んだ!?

そんな話題作に、全米メディアからは早くも「ピクサーの最高傑作! 誰もが楽しめるピクサーの名作が誕生」など、絶賛の声が後をたたない。

本作の主人公である忘れん坊のドリーは、前作「ファインディング・ニモ」で父・マーリンの相棒としてニモを探す重要なキャラクター。今回、期待を大きく上回る記録的な大ヒットスタートを切った要因は、2度のオスカーに輝いたアンドリュー・スタントン監督の想像をはるかに超えるドラマティックな物語や、魅力的な新キャラクターなどさまざまなことが挙げられる。

しかし、その中でも特に注目すべきはドリーの赤ちゃん時代のキャラクター、初登場の“ベビー・ドリー”だ。大きくつぶらな瞳がキュートな“ベビー・ドリー”が初登場する、かわい過ぎるシーンが今回公開された。

前作で、一人ぼっちだったドリーは「すぐ忘れちゃうの…家族はどこ?」と、なぜか物忘れが激しかったり、なぜかクジラ語が話せたり、なぜか人間の言葉が読めたりと、かなり謎めいたキャラクターだった。

本作では、その忘れん坊のドリーが唯一忘れられなかった“家族の思い出”と、その秘密を求めて、海の生物にとって禁断の場所“人間の世界”で大冒険を繰り広げる。

ドリーの過去の秘密が明かされていく中で、重要な鍵を握るのが、ベビー・ドリー。ベビー・ドリーの幼く、舌ったらずな喋り方を見ると、誰もがメロメロになってしまうほどかわらしい。

さらに大きなくりくりの目で、小さなヒレを頑張って動かし泳ぐ姿はキュートそのもので、誰しもが思わず守ってあげたくなる…はず。「あたしね、何でもすぐに忘れちゃうの」と、ドリーが幼いころから物忘れをしてしまっていたことが、うかがえる。

そして、何か大切なことを忘れてしまって困った時の合い言葉を練習したり、友達のふりをしてかくれんぼをしながらドリーに友達の作り方を教えたりと、わが子を心配し見守る両親の姿に胸を打たれる。

幼いドリーは「かくれんぼ大好き!」とはしゃぎながらも、「いーち、に、さーん、えーっと…。しー、えーっと……砂って好き! ぺたぺたしてて」とかくれんぼをしていたことも忘れてしまう。そんな忘れん坊のドリーは、いつも目を離せずにいた両親と、あることをきっかけに離れ離れになってしまう。

アンドリュー・スタントン監督は「日本の皆さんはきっと“ベビー・ドリー”を気に入ってくれると思う!」とそのかわい過ぎる姿に自信たっぷり。

それに応えるかのように、早くもネット上では「泣けるほどかわいい」「かわい過ぎて変な声が出た」「ぬいぐるみ絶対に買う!」といった声が続々と上がり、大きな話題に。

実はベビー・ドリーは全米公開まで世界的に秘密にされており、日本が世界で唯一“劇場限定 予告篇”での登場を目撃しており、特別にいち早くこのかわいらしいベビー・ドリーを見ることができていた。

アンドリュー・スタントン監督からの日本へのサプライズだったベビー・ドリーの姿が、全米公開を受けてついに解禁され、このかわいさがさらに話題となることは必至だろう。

世界中に大旋風を巻き起こしている「ファインディング・ドリー」。舌ったらずの人もそうでない人も、どりあえ…いや、とりあえず公開まで、かわいらしいベビー・ドリーの姿を見て、ニヤニヤしながら待とう。

最終更新:6/21(火) 8:15

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

なぜ今? 首相主導の働き方改革