ここから本文です

暴動に揺れるEURO。UEFAがクロアチアに1200万円の罰金とチケット販売を禁止

フットボールチャンネル 6/21(火) 4:39配信

 サポーターによる暴動に揺れるEURO2016だが、ついにクロアチアサッカー協会に罰則が下った。20日、欧州サッカー連盟(UEFA)が公式サイトにて発表している。

【EURO2016 最新の順位表】

 現地時間の17日に開催されたチェコ対クロアチアの一戦で、クロアチアサポーターは人種差別チャント、スタジアム内での暴力、発煙筒をピッチに投げ入れる暴動を起こしていた。これに対してUEFAはついに処罰を発表している。

 UEFAはクロアチアサッカー協会(HNS)に対して「100,000ユーロ(約1176万円)の罰金」「大会終了までフーリガンとみられる特定のクロアチアサポーターへのEUROチケット販売禁止」を発表した。

 クロアチアサポーターは協会への反発からスタジアム内での暴動や試合の妨害を度々行なっている。今回も結果的にHNSへダメージを与えることに成功してしまった形だが、果たして解決策を見出すことはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/21(火) 7:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)