ここから本文です

ベイルがEUROで圧巻の3戦連続ゴール! ウェールズがロシアを3-0で下し、GS逆転首位突破決めた

Football ZONE web 6/21(火) 5:58配信

MFラムジーも先制点 ベイルは1得点1アシスト

 ウェールズ代表は欧州選手権(EURO)グループステージ第3戦ロシア戦でFWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の今大会3試合連続ゴールを含む、1得点1アシストの活躍で、3-0でロシアを撃破した。前節敗れたイングランドを逆転し、決勝トーナメントにGS1位で進出を決めた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 この日も主役はベイルだった。 試合開始直後、ペナルティエリア右45度でボールを持ったスピードスターはカットインからいきなり強烈なファーストシュートを放った。主導権を握ったウェールズは前半10分にいきなりスコアを動かす。パスカットからリバプールMFジョー・アレンが素早く前方にスルーパスを送ると、最終ライン裏に抜け出たアーセナルMFアーロン・ラムジーが相手GKアキンフェエフの位置を見極めてシュート。アーセナルでも主力を務めるナンバー10の一撃で先制した。

 同19分にはラムジーを起点にしたカウンターが決まる。パスを受けたベイルが相手マーカーを引きつける。ロシア守備陣に当たったボールは左サイドで完全にフリーとなったMFテイラーのもとへと渡る。一度はアキンフェエフに防がれたがこぼれ球をプッシュし、2-0と早くも2点リードを奪った。

 グループリーグ突破のためには勝利しかないロシアは、同26分にGKのフィードからFWシュバが足を伸ばしてシュートを打ったが、ウェールズGKヘネシーが止めて難を逃れた。同40分にはセンターサークル上からベイルが高速ドリブルを仕掛け、フィニッシュまで持ち込むなどゴールを脅かした。

前節敗れたイングランドを逆転する

 後半に入ると9分にラムジーからベイルのホットラインで決定機を作るなど、ウェールズは得点を狙い続けた。同12分には右約30mの位置で直接FKを得て、ベイルが得意のブレ球で狙ったがゴール右へと惜しくも外れ、EURO史上初となる3戦連続FK弾はならなかった。

 だが、同22分にベイルに待望の一撃が決まる。ラムジーのアウトサイドパスに反応し、冷静に左足で決定的な3点目をゲット。3試合連続となるゴールをマークした。後半38分にベイルが途中交代でピッチを去る際にはトゥールーズのスタジアムのファンは盛大な拍手でその労をねぎらった。

 ベイルとラムジーの二枚看板の奮闘によって、ウェールズは前節敗れたイングランドを抜き、GS1位で見事16強進出を果たした。ふたりがワールドクラスのプレーを見せ続ければ、決勝トーナメント以降も台風の目となる可能性は高い。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/21(火) 5:58

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ