ここから本文です

クリストの最新プロジェクトは、40年ぶりのイタリアです!

Casa BRUTUS.com 6/21(火) 13:00配信

ベルリンの国会議事堂やパリのポンヌフ橋、マイアミでは島を、コロラドでは川を。大自然から歴史的建造物まで布で梱包する作品を発表してきたクリストの、最新プロジェクトの舞台は40年ぶりのイタリア。

ミラノから東へ100kmに位置するイセオ湖で繰り広げられる本作品は、彼の作品でも初となる「浮き橋」だ。20万個のポリエチレンキューブから構成され、横幅16m、高さ50cm、作品の全長は4.5km。7万平方mの黄色い布でくるまれたこの浮き橋を渡って、誰でも湖に浮かぶ島へと水面を歩いて渡ることができるのだ。

作品実現に至るまでに何十年もかかることもあるが、政治的交渉や経済問題、そこで出会う人々との交流など、その全過程をも作品と見なすクリストは、スポンサーや寄付を一切受けず、経費は構想ドローイングやコラージュ作品等の販売でまかなう。

作品はこの16日間のみ存在し、使用された素材はすべて工業資材としてリサイクルされ、期間後は元の景色に戻る。

〈Lago d’Iseo(Sulzano - Monte Isola - Isola San Paolo) 〉

6月18日~7月3日。見学自由。入場無料。

text_Nahoko Funabiki

最終更新:6/21(火) 13:00

Casa BRUTUS.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。