ここから本文です

カルヴィン・ハリス、テイラー・スウィフトとの破局をテーマにした曲を思案中!?

VOGUE JAPAN 6/21(火) 23:00配信

カルヴィン・ハリスがテイラー・スウィフトとの破局をテーマにした曲を制作しようとしているという。カルヴィンはカニエ・ウェストやリアーナを迎えてその曲をレコーディングする方向のようで、関係者の1人は「カニエはカルヴィンとリアーナとコラボするのに乗り気ですし、今カルヴィンはもうテイラーとは関係がありませんので、何でも可能なのです」と話す。

ラブラブだった頃のカルヴィン・ハリスとテイラー・スウィフトの関連フォトギャラリー。

また、テイラーと英俳優トム・ヒドルストンと新ロマンスが浮上したことでカルヴィンはニューアルバムの内容を考え直すことになったとも言われており、前述の関係者は日曜版『ザ・サン』紙に「カルヴィンは破局について公に語ることは懸命じゃないと感じており、音楽でそのことを表現したほうがより良い選択だと思っています。彼は今いくつかの新曲に取り組んでおり、数曲におけるテーマは、胸が張り裂けるような思い、偽り、失恋にしようと考えているようです」と続ける。

テイラーのほうからカルヴィンに電話で別れを告げたといわれており、ちょうどカルヴィンが交通事故に遭った後にテイラーが距離を置きたいというあいまいな理由をカルヴィンに伝えたと噂されている。

2008年10月にジョー・ジョナスと別れた際もテイラーは電話で別れを告げ、その別れの電話はわずか27秒だったといわれており、2008年にテイラーはこう話していた。「申し訳ないけど、そうしなければならなかったの。その別れは記録的だったわ。とても早いっていう意味で。電話の履歴をみたら、27秒だった。だから、最短記録のはずだわ」。

Text by Bangshowbiz

最終更新:6/21(火) 23:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。