ここから本文です

西暦2016年「アームレストの戦い」を制する方法

ライフハッカー[日本版] 6/21(火) 22:10配信

飛行機での移動中、隣に座っている人にアームレストを取られてしまうことほど不快なことはありません。長時間のフライトならなおさらです。そう、これは毎日、世界中で起きている「アームレストの戦い」なのです。しかし、旅行者の皆さん、案ずることはありません。アームレストは自分のものだと静かに主張して手に入れる方法をお教えしましょう。

アームレストは自分のものだと主張するベストな方法はもちろん、先に手を乗せてしまうことです。ただ、いつもそんなスピード勝負ができるとは限りません。「すみません、アームレストいいですか?」と丁寧に尋ねることもできますが、めんどくさいと思う時もあるでしょう。戦局が不利だと感じたとき、アームレストを最終的に自分のものにできる悪賢い小ワザがあるのです。Andrew Medal氏がウェブメディア「Entrepreneur」の中で提案しています。


“初戦で不利な状況になった場合、打つ手は1つです。先にリクライニングを倒すのです。リクライニングを傾けると、相手がどのような腕の置き方をしていても自分の手を置くスペースを取ることができ、最終的に勝利できます。”


また、都合が良いことに、リクライニングを倒す行為は、「私はリラックスしたい。だから楽な姿勢にならなくてはいけないのです。どうか邪魔しないでください」というメッセージを送ることにもなります。少し微笑んで、座席を倒してみてください。そして、腕をアームレストに置いてください。相手は譲ってくれることでしょう。「先にリクライニングを倒せばよかった!」と思いつつ。


8 Rule-Bending Travel Hacks That Help You Fly Like a Boss | Entrepreneur
Patrick Allan(原文/訳:コニャック)
Photo by Soon.

最終更新:6/21(火) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。