ここから本文です

不正から逃げる韓国サッカー。審判買収問題の調査進まず、このままでは致命的な傷跡に

フットボールチャンネル 6/21(火) 10:31配信

 先月、世を騒がせた韓国サッカーの審判買収問題。忘れていた人も多いのではないか。それもそのはず、本国では問題の根本が解決しないまま追求が終息しつつある。逆境をバネに当の全北現代はACLで勝利したが、それとこの件は別問題である。目を背ける業界に筆者は警鐘を鳴らす。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

【サッカー界を揺るがす審判買収問題に沸く Kリーグ現在の順位表】

サッカー界を揺るがす審判買収問題。指揮官は責任を痛感

 5月23日、韓国サッカー界に青天霹靂の悲報が飛び込んだ。

 元アジアチャンピオンズリーグ(ACL)王者で数人の韓国A代表をも保有するKリーグの強豪、全北現代(以下全北)のスカウトがKリーグでホイッスルを吹いている現役レフェリー2人に数百万ウォン(数十万円)を手渡し、全北に有利な判定を請託したことが韓国検察の調査から明らかになった。スカウトとレフェリーは同郷出身で元から親交が厚かったという。

 もちろん、いくら親交が厚いとはいえ、不正行為が許されるわけではない。しかもKリーグを支配しているといっても過言ではないクラブのスタッフの不正行為に韓国サッカー界は大いに揺さぶられた。

 同じくKリーグクラシック(1部)所属だった慶南FC(降格し現在は2部のチャレンジ所属)が審判買収事件を起こし、勝ち点10点減点や7000万ウォン(およそ700万円)の罰金を食らったのが昨年の12月だ。ショックの轟きがなくなる暇もなく訪れた悲報だった。

 クラブに火花が散ったのは当然だった。報道直後に行われたACLメディアデーに全北のイ・チョルグン団長やチェ・カンヒ監督が出席、「責任を痛感する」と頭を下げた。その場ではチェ監督の辞任をほのめかすような言動(“責任を取らなければならないとは考えている”)もあったという。

 チェ監督は全北だけで10年間指揮を執り、現在の全北の土台を作り上げた人物。選手やチームスタッフ、そしてファンからは「村長」(クラブハウスが田舎にあるため)と呼ばれるほど人望も分厚い。そんな「村長」の辞任意向表明はこの事態がどれだけ大きい問題なのかを表す証左でもある。

1/2ページ

最終更新:6/21(火) 11:56

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。