ここから本文です

スペインの“ベンゼマ”化したデ・ヘア問題。政治家からも批判が集中

フットボールチャンネル 6/21(火) 10:40配信

 現在開催中のEURO2016を戦うスペイン代表GKダビド・デ・ヘアはスペイン政治家たちの選挙運動の格好の“ネタ”となっている。20日付けスペイン紙『マルカ』が報じた。

【EURO2016 最新の順位表】

 スペインでは昨年12月20日に行われた総選挙で新政府を樹立することのできず現地時間26日に2度目の総選挙を控える政治家たちが選挙活動を行っている。

 デ・ヘアは現在、未成年暴行と売春疑惑をかけられている。フランスでセックススキャンダルに巻き込まれフランス首相・大統領まで言及することとなったレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマのように、それぞれの政治家たちから“模範性”を求められている。

 左派政党であるスペイン社会労働党ペドロ・サンチェス党首は「未成年暴行、売春疑惑に名前が浮上しているデ・ヘアが代表のGKとしてプレーするのを見るのは心地がいいものではない」と社会的に模範でなければならないと主張。新興政党ポデモスイニィゴ・エレホン報道官も「サッカー選手は良くも悪くもスポーツ選手以上の存在であり、模範的でなければならない。私は“常識”を使って答えている」と批判した。

 ベンゼマは最終的にフランス代表を降格される結果となったが、果たしてデ・ヘアにはどんな未来が待っているのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/21(火) 16:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ